オススメ記事

よく読まれている記事

  • 能取湖サンゴ草群落 能取湖サンゴ草群落 網走市街の北に広がる能取湖(のとろこ)は、オホーツク海と通じる海水湖。能取湖の南畔、卯原内(うばらない)あたり一帯には、8月下旬〜9月中旬頃、サンゴ草が美しく色づきます(能取湖卯原内サンゴ草群落)。サンゴ草は、アッケシソウという高さ15cm〜30cmの一年草。本物のサンゴに似ていることから、サンゴ草...
  • 日本一の直線道路&絶対に走りたい直線道路 日本一の直線道路&絶対に走りたい直線道路 日本一長い直線道路はどこにあるのでしょうか? 距離だけでいえば国道12号の美唄市光珠内から滝川市新町までの29.2kmが日本一長い直線道路となっています。 でも北海道旭川在住のカメラマンによれば「長いというだけでなく、走りたくなるのが真の直線道路」とか。 『ニッポン旅マガジン』にアクセスして...
  • 【知られざる北海道】vol.13 野付半島先端にあった「幻の町・キラク」 【知られざる北海道】vol.13 野付半島先端にあった「幻の町・キラク」 野付半島は、全長28kmの日本一長大な砂嘴(さし)です。細いところでは幅は数十メートルしかありません。半島中央部から先に人家はありません。あるのは鮭の定置網の番屋だけです。北方領土のひとつ、国後島に最も近いのもこの野付半島です。この野付半島の先端部に江戸時代、遊郭もある「町」があったことは、まったく...
  • 摩周湖にある3つの展望台を徹底比較 摩周湖にある3つの展望台を徹底比較 摩周外輪山には、表摩周と呼ばれる弟子屈町(てしかがちょう)側に摩周第一展望台、摩周第二展望台が、裏摩周と呼ばれる清里町側に裏摩周展望台があります。3つの展望台を個人旅行の立場から、摩周湖に精通する取材記者が徹底比較。 摩周第一展望台 もっとも有名な展望台で、ツアーバスもやってくる...
  • 第55回能取湖さんご草まつり(網走市) 第55回能取湖さんご草まつり(網走市) さんご草は、正式名はアッケシソウ。明治24年に厚岸町厚岸湖のカキ島で発見され、その地名にちなみアッケシソウ(厚岸草)と命名されたもの。オホーツク海に面した能取湖(のとろこ)にもアッケシソウの群落があり、例年9月中旬に赤く色づく頃に『能取湖さんご草まつり』が開催されます。 能取湖卯原内(うば...
  • まりも祭り(釧路市・阿寒湖)|2018 まりも祭り(釧路市・阿寒湖)|2018 阿寒湖ではアイヌ民族の火の神・アペカムイと北の大地に感謝のタイマツを捧げる『千本タイマツ』が9月〜10月下旬まで行なわれますが、その途中にまりもを迎える儀式、まりもを護る儀式、まりもを送る儀式(カムイノミ)など神聖な儀式も斎行される『まりも祭り』を開催。アイヌ伝統の儀式のほか、タイマツ行進、まりも踊...
  • オンネベツ川鮭鱒観覧施設 オンネベツ川鮭鱒観覧施設 斜里市街からウトロへ向かう途中、国道334号沿いにあるのがオンネベツ川鮭鱒観覧施設。知床連山からオホーツク海に流れ出すオンネベツ川は通年、本支流ともに保護水面になっていて釣りは厳禁。加えて5月〜8月には河口から500m以内の海岸線では釣りは禁止。こうした保護でオンネベツ川ではカラフトマスの遡上を観察...
  • 【知られざる北海道】vol.3 義経北行伝説ここに極まる。アイヌの聖地に義経神社 【知られざる北海道】vol.3 義経北行伝説ここに極まる。アイヌの聖地に義経神社 文治5年閏四月晦日(旧暦4月30日/西暦1189年6月15日)に平泉の「衣河館」で自害したとされる源義経ですが、実は、自害は見せかけで、弁慶などとともに北海道に渡った・・・。これが有名な『義経北行伝説』。31歳で生涯を閉じたはずの義経ですが、三陸から北海道の南部にかけてかなり詳細な北行伝説ルートが残...
  • 日本最北端は宗谷岬ではなく、弁天島! 日本最北端は宗谷岬ではなく、弁天島! 日本の最北端は、(北方領土を除けば)教科書的には宗谷岬ってことになっています。 しかし、実際の最北端は、宗谷岬ではありません。 最北端の弁天島を眺めよう 古くは、北方交易の要衝として栄えた珊内(北海道稚内市宗谷村珊内=宗谷岬西側の海岸)の沖に浮かぶ、弁天島。 地図をご覧頂いて...
  • 王子製紙千歳第一発電所 王子製紙千歳第一発電所 明治43年の王子製紙苫小牧工場の操業を前にして竣工したのが千歳第一発電所。千歳川には第二発電所(大正5年)、第三発電所(大正7年)、第四発電所(大正9年)、第五発電所(昭和16年)も設置され、王子製紙苫小牧工場の稼働を支えてきました。冬季に結氷しない最北の不凍湖、支笏湖の豊富な水は、水力発電にはうっ...