宗谷岬バス停(日本最北端のバス停)

宗谷岬バス停(日本最北端のバス停)

北海道稚内市宗谷岬、宗谷岬の先端に立つ日本最北端の地の碑、間宮林蔵の立像の立つ園地前、国道238号沿いにあるのが、宗谷岬バス停。宗谷バスのバス停で、日本最北端のバス停。宗谷バス天北宗谷岬線が稚内駅前ターミナル〜宗谷岬〜鬼志別ターミナルを結んでいます。

宗谷バス天北宗谷岬線が、日本最北の路線バス

稚内駅前ターミナル〜宗谷岬は、所要50分、宗谷岬〜鬼志別ターミナルは所要44分。
鬼志別ターミナルではでは浜頓別ターミナル・音威子府行きの宗谷バスに連絡し、浜頓別ターミナルでは枝幸ターミナル行のバスに乗り継ぐことができるので、北オホーツクのバス旅を楽しむことができます(ただし本数が少ないので浜頓別などで宿泊することに)。

さらにオホーツクを南下し、紋別ターミナルへは宗谷バス音標・雄武線から雄武で北紋バス雄武線に乗り換え(バス停が少し離れています)。

宗谷岬バス停(日本最北端のバス停)
名称 宗谷岬バス停(日本最北端のバス停)/そうやみさきばすてい(にほんさいほくたんのばすてい)
所在地 北海道稚内市宗谷村宗谷
関連HP 宗谷バス公式ホームページ
駐車場 100台/無料
問い合わせ 宗谷バス TEL:0162-32-5151/FAX:0162-32-5353
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
間宮林蔵の立像

間宮林蔵の立像

北海道稚内市宗谷岬、宗谷岬の先端に立つ日本最北端の地の碑の国道寄り、サハリン(樺太)を眺めるのが、間宮林蔵の立像。間宮林蔵の生誕200年にあたる昭和55年7月に、その偉業を顕彰し、時代を担う青少年に、世界へ羽ばたく夢と勇気を培ってもらおうと

宗谷岬

北緯45度31分14秒、日本最北端の岬で、突端には日本最北端の地碑が立っています。晴れた日には、宗谷海峡を挟んで約43km離れている樺太(サハリン)南端のクリリオン岬もはっきりと視認できます。地碑近くには1808(文化5)年、サハリンに向か

日本最北端の地の碑

日本最北端の地の碑

北海道稚内市宗谷岬、宗谷岬の先端に立つのが、日本最北端の地の碑。北極星の一稜をかたどった三角錐をデザインしたもので、塔の中央にあるNは北を、台座にの円形は「平和と協調」を表現。昭和63年の国道拡張で、20mほど岩礁に出っ張り、サイズもひと回

宗谷岬灯台

宗谷岬突端の高台(標高30m)に設けられた日本の最北に位置する灯台。宗谷海峡は、ロシアと国境が接する国際海峡で、そこを航行する船の安全を守っているのです。歴史は古く、明治18年に八角形鉄造の初代宗谷岬灯台が点灯。現在の灯台は明治45年再建の

宗谷岬牧場

宗谷岬牧場

「宗谷丘陵の周氷河地形」として北海道遺産に登録される北海道稚内市、宗谷岬背後の波状丘陵。北海道の波状丘陵の多くは農地改良などで失われていますが、宗谷丘陵は、面積1800haという広大な宗谷岬牧場の牧草地、放牧地として転用されています。57基

白い道(宗谷丘陵)

白い道(宗谷丘陵)

北海道稚内市、北海道遺産にもなっている波状丘陵(周氷河地形)の広がる宗谷丘陵に配されているのが白い道(白い貝殻の道)。平成23年に、当時の稚内市産業観光課職員のアイデアで、宗谷牧場のオフロードにホタテの貝殻を砕いて敷き詰めたのが最初。訪れる

納沙布岬バス停(日本最東端のバス停)

北海道根室市納沙布(のさっぷ)、北方領土を除いて日本最東端の岬が、納沙布岬。最東端の根室半島を周回する北海道道35号(根室半島線)沿い、根室市北方領土資料館の入口横にあるのが、納沙布岬バス停。根室交通納沙布線のバス停で、日本最東端のバス停で

オススメ

宗谷岬バス停(日本最北端のバス停)

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!