オススメ記事

よく読まれている記事

  • 日本一の直線道路&絶対に走りたい直線道路 日本一の直線道路&絶対に走りたい直線道路 日本一長い直線道路はどこにあるのでしょうか? 距離だけでいえば国道12号の美唄市光珠内から滝川市新町までの29.2kmが日本一長い直線道路となっています。 でも北海道旭川在住のカメラマンによれば「長いというだけでなく、走りたくなるのが真の直線道路」とか。 『北海道Style』にアクセスしてい...
  • 能取湖サンゴ草群落 能取湖サンゴ草群落 網走市街の北に広がる能取湖(のとろこ)は、オホーツク海と通じる海水湖。能取湖の南畔、卯原内(うばらない)あたり一帯には、8月下旬〜9月中旬頃、サンゴ草が美しく色づきます(能取湖卯原内サンゴ草群落)。サンゴ草は、アッケシソウという高さ15cm〜30cmの一年草。本物のサンゴに似ていることから、サンゴ草...
  • 【知られざる北海道】vol.13 野付半島先端にあった「幻の町・キラク」 【知られざる北海道】vol.13 野付半島先端にあった「幻の町・キラク」 野付半島は、全長28kmの日本一長大な砂嘴(さし)です。細いところでは幅は数十メートルしかありません。半島中央部から先に人家はありません。あるのは鮭の定置網の番屋だけです。北方領土のひとつ、国後島に最も近いのもこの野付半島です。この野付半島の先端部に江戸時代、遊郭もある「町」があったことは、まったく...
  • 第41回なよろ産業まつり~もちごめ日本一フェスタ~(名寄市)|2019 第41回なよろ産業まつり~もちごめ日本一フェスタ~(名寄市)|2019 国道40号沿いの道の駅も「もち米の里☆なよろ」と、日本一の作付け面積を誇るもち米の町、名寄市。市の基幹産業である農業、農産品をテーマに開催されているのが『なよろ産業まつり~もち米日本一フェスタ~』です。 もち米生産日本一の名寄の産業まつりは、真夏のもちつき大会も 名寄地域の中でも稲作をし...
  • 摩周湖にある3つの展望台を徹底比較 摩周湖にある3つの展望台を徹底比較 摩周外輪山には、表摩周と呼ばれる弟子屈町(てしかがちょう)側に摩周第一展望台、摩周第二展望台が、裏摩周と呼ばれる清里町側に裏摩周展望台があります。3つの展望台を個人旅行の立場から、摩周湖に精通する取材記者が徹底比較。 摩周第一展望台 もっとも有名な展望台で、ツアーバスもやってくる...
  • 第15回しもかわうどん祭り(下川町) 第15回しもかわうどん祭り(下川町) 北海道下川町の特産が手延べ麺。2日間にわたる『しもかわうどん祭り』では、女性と子供だけが参加できる『手延べうどんつかみどり』、手延べうどん1年分(20束入9箱)が景品の『うどん早食い競争』、『うどん早食い競争二人羽織』を実施。さらに特産の手延べ麺を堪能できます。 手延の技術は「揖保の糸」から導...
  • 網走感動朝市 網走感動朝市 毎年7月下旬〜9月中旬の夏休み、および土日を中心に網走漁港特設会場で朝6:30〜10:00まで開かれる観光朝市。限定10食の「感動の海鮮丼」など、感動朝市ならではの「感動のアサメシ」も用意されています。 網走に泊まったなら、おみやげ購入&朝食ゲットは朝市で 特産品の販売コーナーで...
  • 第55回能取湖さんご草まつり(網走市) 第55回能取湖さんご草まつり(網走市) さんご草は、正式名はアッケシソウ。明治24年に厚岸町厚岸湖のカキ島で発見され、その地名にちなみアッケシソウ(厚岸草)と命名されたもの。オホーツク海に面した能取湖(のとろこ)にもアッケシソウの群落があり、例年9月中旬に赤く色づく頃に『能取湖さんご草まつり』が開催されます。 能取湖卯原内(うば...
  • 来運の水 来運の水 斜里岳に積もった雪が伏流水となって湧き出すのが来運の水。来運の水の湧出量は毎分5tもあり、水温は6度前後で、夏は非常に冷たく感じます。来運地区は明治32年に開拓されましたが、開拓時代から森から湧く泉は大切にされてきたのです。今ではこの水を飲むと「運が来て願い事が叶う」と、パワースポットのようになって...
  • 第23回あばしり七福神まつり(網走市) 第23回あばしり七福神まつり(網走市) 初秋の風が吹く(毎年9月の第1土・日曜)、道東・網走の網走中央商店街(アプト4=4条通)を会場に、網走中央商店街振興組合が主催するのが『あばしり七福神まつり』。地元特産品や全国各地の物産・味覚等を集めた、市民参加型で、観光情報の発信も含めた総合的なイベントになっています。 4条通をホコテン...