旭浜のトーチカ群

旭浜のトーチカ群

北海道広尾郡大樹町旭浜、歴舟川の河口の西側、旭浜にあるコンクリート製の構造物群が、旭浜のトーチカ群。トーチカは、鉄筋コンクリート製の特殊陣地。第二次大戦下、アメリカ軍の十勝上陸に備えて構築されたという戦争遺跡で、大樹町の文化財にもなっています。

平成20年9月に発見された「旭浜防霧林トーチカ」も

旭浜のトーチカ群

大樹町トーチカは、十勝海岸沿いの旭浜のトーチカ群のほかにも、平成20年9月に旭浜沿岸にある町有林(防霧林)の伐採作業中に3mもの土に埋もれた「旭浜防霧林トーチカ」が発見されています。
四角の角(かど)を切り落とした形の八角形で、高さ3.5m、周囲26m、コンクリートの厚さは最大で1.8mという頑強なもの。
コンクリートなど物資不足の中で、アメリカ軍の上陸に備え、かなり堅牢なトーチカを優先して築いたことがよくわかります。
入口は南側に配置し、銃眼穴は北向きと東向きに2つ備え、通路は入口からすぐに右側に折れていることから、付近に着弾した爆風を食い止める構造になっています。

歴舟川に沿って北海道道501号(旭浜大樹停車場線)を走れば、旭浜トーチカの案内板が出ており、道道は、最後はダートの道となり、海岸に出るとコンクリートのトーチカが点在する様子がわかります(Google マップで空撮を選べば、海岸部に残る構築物が確認可能。)。

舗装道路の終点で南(広尾町・紋別川川河口)へ走る舗装道路に入れば、平成20年9月に発見された「旭浜防霧林トーチカ」があり、大樹町の文化財として整備されており(土に埋もれていたため保存状態も良好)、見学ができます。

大樹町には15基のトーチカが現存

旭浜のトーチカ群のさらに西側に豊似浜のトーチカ群(広尾町)が連続していますが、まさに知る人ぞ知る戦争遺跡として埋もれています。

一帯にあるトーチカは、太平洋戦争末期の昭和19年5月、「北鎮部隊」、「熊舞台」と通称された陸軍第7師団(北辺の守りを担う重要師団で、「動かざる師団」として北海道に駐屯)が「本土沿岸築城実施要綱」(サイパン島陥落を受けて昭和19年7月20日制定)に基づき、第31警備隊、第32警備隊に命じて構築したもので、大樹町内では15基が確認されています。
十勝海岸にアメリカ軍が上陸することはなく、実戦では使われていません。

ちなみにトーチカ(точка)はロシア語の点(дот)を意味する言葉で、掩体壕(バンカー)の一種。
艦砲射撃や榴弾砲の直撃にも耐えうるようにコンクリートで頑丈な施設が構築されています。

第31警備隊、第32警備隊が築いた同様のトーチカは、網走の海岸線(帽子岩トーチカなど)、根室の海岸部(落石トーチカなど)にもありますが、頑強な構造のため多くは現存し、貴重な戦争遺跡となっています。

旭浜のトーチカ群
名称 旭浜のトーチカ群/あさひはまのとーちかぐん
所在地 北海道広尾郡大樹町旭浜
関連HP 大樹町公式ホームページ
ドライブで とかち帯広空港から約46km
問い合わせ 大樹町教育委員会社会教育課社会教育係 TEL:01558-6-2133/FAX:01558-6-2056
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
友知トーチカ跡

友知トーチカ跡

北海道根室市光洋町5丁目、根室半島の中部、第二次世界大戦末期に太平洋側の友知湾沿いに構築されたトーチカのひとつが、友知トーチカ跡。西側の桂木トーチカ跡も残り、貴重な戦争遺跡になっています。イタリア料理店「ボスケット」の建つ友知海岸は訪れる人

オススメ

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!