白い道(宗谷丘陵)

白い道(宗谷丘陵)

北海道稚内市、北海道遺産にもなっている波状丘陵(周氷河地形)の広がる宗谷丘陵に配されているのが白い道(白い貝殻の道)。平成23年に、当時の稚内市産業観光課職員のアイデアで、宗谷牧場のオフロードにホタテの貝殻を砕いて敷き詰めたのが最初。訪れるライダーたちに日本離れした光景が話題になり、注目のスポットになっています。

宗谷丘陵にあるシェルロードが絶景として話題に!

白い道(宗谷丘陵)

稚内フットパスである「宗谷丘陵フットパスコース(全長約11㎞)」のゴール側(宗谷地区側)約3㎞にわたり、ホタテの貝殻を砕いて敷き詰めたもの。
もともとホタテの貝殻は、再利用する方法がなく、産業廃棄物として捨てられていました。
フットパスの砂利道を歩きやすくできるのと、ホタテの貝殻の有効利用、さらには観光促進という一石三鳥の効果が生じたのです。

青い空と海、緑の牧草というコントラストが「インスタ映えする」などとSNSで話題を呼んでいます。
一帯には57基の風車が並ぶ宗谷岬ウインドファーム、宗谷黒牛がのどかに草を食む宗谷牧場があり、宗谷岬の開眼沿いを走るでけでは味わえない、異色の光景が展開しています。

美しい景観を維持するために、毎年、市の職員を動員して、「白い道の草抜き」作業が数回、行なわれています。
修復作業や草むしりで美しい景観が維持されているのです。

そうした努力の甲斐あって、ヤクルトミルミルのテレビCMでも使用され(いきものがかり・吉岡聖恵が3人の地元の女子高生と「アイデンティティ」を歌うシーン)、さらに注目度がUPしています。

白い道(宗谷丘陵)
稚内のブランド牛「宗谷黒牛」が放牧されています
名称 白い道(宗谷丘陵)
所在地 北海道稚内市宗谷村宗谷
関連HP 稚内市公式ホームページ
電車・バスで JR稚内駅から天北宗谷岬線バスで約40分、宗谷下車、徒歩5分
ドライブで 稚内空港から約16km
問い合わせ 稚内市建設産業部観光交流課 TEL:0162-23-6468
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
ゲストハウスアルメリア

ゲストハウスアルメリア

北海道稚内市、宗谷岬背後に広がる北海道遺産に登録された宗谷丘陵。その宗谷丘陵の丘の上に建つ「宗谷丘陵展望休憩施設」がゲストハウスアルメリア。風車が目印の建物で、併設のレストランではオリジナルブランド「宗谷黒牛」や稚内名物の「たこしゃぶ」など

宗谷岬

北緯45度31分14秒、日本最北端の岬で、突端には日本最北端の地碑が立っています。晴れた日には、宗谷海峡を挟んで約43km離れている樺太(サハリン)南端のクリリオン岬もはっきりと視認できます。地碑近くには1808(文化5)年、サハリンに向か

宗谷丘陵

宗谷丘陵

宗谷岬南部に広がる丘陵地帯は、2万~1万年前に起こった地球最後の氷河期「ウルム氷河期」に氷河の周辺で、大地が溶けたり凍結したりを繰り返しながら生まれた波状丘陵。「宗谷丘陵の周氷河地形」として北海道遺産にも登録されています。丘の上には57基の

宗谷岬ウインドファーム

宗谷岬ウインドファーム

北海道稚内市、最北端の宗谷岬の背後に広がる北海道遺産に登録の宗谷丘陵(「宗谷丘陵の周氷河地形」)。その宗谷丘陵にあるのがユーラスエナジーグループの宗谷岬ウインドファーム。宗谷岬には北海道随一の波状丘陵が広がり、丘の上は見渡す限りの牧草地。そ

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!