宗谷丘陵

宗谷丘陵

宗谷岬南部に広がる丘陵地帯は、2万~1万年前に起こった地球最後の氷河期「ウルム氷河期」に氷河の周辺で、大地が溶けたり凍結したりを繰り返しながら生まれた波状丘陵。「宗谷丘陵の周氷河地形」として北海道遺産にも登録されています。丘の上には57基の風車が回る最北の風力発電施設があるほか、のどかな宗谷岬牧場が広がっています。

風車の根元には牛が放牧!

草原となった波状丘陵は1500haの宗谷岬牧場として宗谷黒牛やホルスタイン牛が放牧。
宗谷岬ウインドファームは、57基の風車で、稚内市の年間消費電力の6割相当になる5万7000 kWを発電(全量を北海道電力に売電)。
波状丘陵に巨大な風車が林立、その根元には牛が放牧という異色の風景が展開します。

宗谷丘陵に上がるには、宗谷岬突端から旧海軍望楼へと上る車道もありますが、宗谷中学近くから「宗谷周氷河ロード」という愛称が付いた道道889号上猿払清浜線に入れば途中には眺めのいい駐車場もあります(ダートですがその南側にある「白い貝殻の道」を上るプランも)。
また、ほとんど走る人はいませんが、道道889号上猿払清浜線で宗谷丘陵を縦断し、道道1077号稚内猿払線でオホーツク海側の猿払村・稚内市境界近くに出るプランもおすすめ(途中で宗谷岬にお立ち寄りを)。

稚内フットパスの宗谷丘陵コースもありますが、ショートコースは宗谷岬ウインドファーム付近を起点に5km所要2時間、ロングコースは、最北端をスタート地点として11km、所要4時間。

宗谷岬の背後の丘陵上には「宗谷丘陵展望休憩施設」としてゲストハウスアルメリアも営業、宗谷牛を味わうこともできます。

名称 宗谷丘陵/そうやきゅうりょう
所在地 北海道稚内市宗谷岬
関連HP 稚内観光協会公式ホームページ
ドライブで 稚内空港から約20km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 稚内観光協会 TEL:0162-23-6161
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
宗谷岬ウインドファーム

宗谷岬ウインドファーム

北海道稚内市、最北端の宗谷岬の背後に広がる北海道遺産に登録の宗谷丘陵(「宗谷丘陵の周氷河地形」)。その宗谷丘陵にあるのがユーラスエナジーグループの宗谷岬ウインドファーム。宗谷岬には北海道随一の波状丘陵が広がり、丘の上は見渡す限りの牧草地。そ

ゲストハウスアルメリア

ゲストハウスアルメリア

北海道稚内市、宗谷岬背後に広がる北海道遺産に登録された宗谷丘陵。その宗谷丘陵の丘の上に建つ「宗谷丘陵展望休憩施設」がゲストハウスアルメリア。風車が目印の建物で、併設のレストランではオリジナルブランド「宗谷黒牛」や稚内名物の「たこしゃぶ」など

宗谷岬牧場

宗谷岬牧場

「宗谷丘陵の周氷河地形」として北海道遺産に登録される北海道稚内市、宗谷岬背後の波状丘陵。北海道の波状丘陵の多くは農地改良などで失われていますが、宗谷丘陵は、面積1800haという広大な宗谷岬牧場の牧草地、放牧地として転用されています。57基

白い道(宗谷丘陵)

白い道(宗谷丘陵)

北海道稚内市、北海道遺産にもなっている波状丘陵(周氷河地形)の広がる宗谷丘陵に配されているのが白い道(白い貝殻の道)。平成23年に、当時の稚内市産業観光課職員のアイデアで、宗谷牧場のオフロードにホタテの貝殻を砕いて敷き詰めたのが最初。訪れる

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!