北緯45度モニュメント

北緯45度モニュメント

北海道幌延町には北緯45度を横切る国道、道道、農道、町道が何ヶ所もありますが、もっとも景観が良く、記念撮影にも絶好のスポットが、日本海オロロンライン・道道106号(稚内天塩線)沿いの通過点。ちょうど北半球の真ん中という位置ですが、海越しに利尻富士を眺める絶景の地に北緯45度モニュメントが設置されています。

北緯45度通過点から利尻富士を眺望

北緯45度モニュメント

昭和63年、幌延町が北緯45度上に存在することから、キャッチフレーズを募り、『北半球「ど真ん中!」北緯45度のまち』というキャッチコピーが誕生、道道106号稚内天塩線のほか、広域農道、道道256号(豊富遠別線)、道道121号(稚内幌延線)、国道40号、国道275号にも北緯45度モニュメント(北緯45度通過点モニュメント)が設置されています。

設置された当時は、日本測地系(明治以来の地表で行なった測量の結果を用いた測地基準)という方法で北緯45度を算出していましたが、現在のカーナビやグーグルマップは世界測地系(現代の宇宙観測技術を生かし国際的に定められている測地基準)。
測地系の変更により、現在通用している北緯45度からは200mほど北にズレているのでご注意を。

ちなみにオホーツク海側の海岸を走ると、枝幸町問牧地区に「北緯45度国際広場」があるので、宗谷岬を回って道北の海岸線を走る際にはお見逃しなく。

北緯45度モニュメント
名称 北緯45度モニュメント/ほくいよんじゅうごどもにゅめんと
所在地 北海道天塩郡幌延町浜里
ドライブで 稚内空港から約60km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 幌延町産業振興課 TEL:01632-5-1115
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
オトンルイ風力発電所

オトンルイ風力発電所

北海道幌延町の日本海沿い、原始砂丘の上に並ぶ風車群がオトンルイ風力発電所。初夏には周囲にエゾカンゾウ、ハマナスが咲き乱れるという原生花園。日本海オロロンライン・道道106号(稚内天塩線)沿い、南北3.1kmに28基の風車が並ぶ姿は実に壮観。

サロベツ原野パーキング

サロベツ原野パーキング

北海道幌延町、日本海オロロンラインと呼ばれる道道106号(稚内天塩線)のオトンルイ風力発電所近くにあるパーキング。その名の通り、ハマナスやエゾカンゾウ咲く原始砂丘にある展望駐車公園で、海越しに眺める利尻島の眺めは絶景。南北3.1kmに28基

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!