トドワラ

全長28kmの砂嘴(さし)の半島が野付半島。トドワラ入口の野付半島ネイチャーセンターまで長く伸びる砂嘴(さし)に道道950号(野付風蓮公園線)が通じています。トドワラは、地盤沈降になどによる海水の浸食と潮風で、トドマツ林が立ち枯れたもの。近年風化が進行し、近いうちにトドワラ跡になると想像できます。

トドマツの立ち枯れが不思議な景色を創出

野付半島ネイチャーセンターまから1.3km(片道30分)の歩道を歩いた野付湾側に位置する奇観。
かなり歩くので真夏でもウインドブレーカーなどの持参を(根室周辺は盛夏でも25度を上回ることがなく、海霧がかかると20度以下の気温となります)。

5月〜10月下旬には歩道に並走する馬車道に花馬車も運行。

トドワラから半島の入口寄りには、ミズナラの立ち枯れ、ナラワラがありますが、ナラワラは自然のまま。
歩きまわることは無理なので、道道950号(野付風蓮公園線)の駐車スペースから眺望を。

野付湾・野付半島としてラムサール条約の登録湿地にもなっています。
 

ミズナラが立ち枯れたナラワラ

 

トドワラ DATA

名称 トドワラ/とどわら
所在地 北海道野付郡別海町野付
関連HP http://betsukai-kanko.jp/
電車・バスで 尾岱沼港から別海町観光船で35分、トドワラ桟橋下船、徒歩10分
ドライブで 根室中標津空港から道道69号を中標津市街へ5km、左折して国道272号を18km、突当りを左折、国道244号を2kmで野付半島と根室への分岐、直進して15km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 野付半島観光案内所TEL:0153-82-1270

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!