襟裳岬風の館

襟裳岬風の館

北海道えりも町、風速10mを越す風が吹く日が、年間300日近くある、襟裳岬(えりもみさき)。その岬の突端に建つのが、風をテーマにした襟裳岬風の館です。岬の海食崖を活かし、要塞のように築かれた施設で、風のないにには強風を体験し、逆に風が強い日は、ここから岬を眺めることが可能になっています。

「風の体験室」で風速25m/sの強風を体験

襟裳岬風の館

海食崖の中に要塞のように築かれているのは、灯台の明かりを遮らないため、そして日高山脈襟裳国定公園ということから景観の保護のため。
建物のデザインも旗竿の旗が風にひらひらとはためく、そして電線がヒューヒュー音を立てる「カルマン渦」(かるまんうず=強風が、細い枝など円柱状のものに当たったとき、その風下側にできる規則的な空気の渦のこと)をイメージしたもの。

「展望襟裳岬」は断崖に築かれた展望コーナーで、岩礁地帯を眼前にします(望遠鏡が設置されています)。
「風の体験室」は、機械で作る風を体験するコーナー。
風穴近くなら風速30m、離れれば風速5mぐらいの風を体感することができます。

展示Bゾーンでは、建物外に設置されたテレビカメラを館内から自分で動かし、岬に生息するゼニガタアザラシをモニターで見ることができます。
春から初夏はアザラシの出産と子育ての様子を観察。

土産コーナーでは「ちょうちょ貝」、オリジナルグッズなどを販売。

襟裳岬風の館
名称 襟裳岬風の館/えりもみさきかぜのやかた
所在地 北海道幌泉郡えりも町東洋366-3
関連HP 襟裳岬風の館公式ホームページ
電車・バスで JR様似駅からJRバス岬市街行き、広尾行きで57分、えりも岬下車
ドライブで 日高自動車道日高門別ICから約129km。とかち帯広空港から約104km
駐車場 えりも岬駐車場(200台/無料)
問い合わせ TEL:01466-3-1133
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
襟裳岬

襟裳岬

北海道幌泉郡えりも町、標高2052mの幌尻岳を中心に、南北に連なる日高山脈が太平洋に落ち込んだ岬が襟裳岬(えりもみさき)です。60mの断崖上に建つ襟裳岬灯台から、馬の背状の尾根が続き、さらに沖合約7kmまで、岩礁がのびています。岬には、強風

人気記事

襟裳岬風の館

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!