黄金道路展望台(望洋台)

黄金道路展望台(望洋台)

国道336号のえりも町の庶野から広尾までの31.7kmが黄金道路。道路の起源は寛政10年(1798年)ともいわれその建設費の多さに「黄金を敷き詰めるくらいに資金がかかった」ということから黄金道路と呼ばれています。日高山脈襟裳国定公園内の断崖絶壁の海岸線を走る道で、絶景の黄金道路途中に展望台(望洋台)が設けられています。

昭和57年に造成された望洋台で記念撮影を

黄金道路展望台(望洋台)

襟裳岬(えりも町)と十勝・帯広地区を結ぶ貴重な道路ですが、海まで山が迫った地形のため、常に道路の維持管理に費用がかかり、その意味でも黄金道路になっています。
JR様似駅〜えりも岬〜庶野〜広尾は、JRバス日勝線が走り、往時には周遊券を使った北海道一周の定番ルートにもなっていました。

庶野寄りの小さな岬に黄金道路展望台(望洋台)が設けられ(昭和57年に造成)、黄金道路を一望にします。

寛政10年(1798年)、近藤重蔵は幕府の命令で東蝦夷地を巡視し、帰途立ち寄った広尾で、風雨のため滞在を余儀なくされ、アイヌ数十人を雇って、ルベシベツ(広尾町)からビタタンケ(えりも町)の間、約3里(11km)に山道を開削しています(広尾町の十勝神社には『東蝦新道記』が残されています)。
これが、ルベシベツ山道(ビタタヌンケ~ルベシベツ~音調津)で、現・えりも町側の起点となるビタタヌンケの海岸には「近藤重蔵道路開削記模碑」が立っています。
江戸時代の徒歩道ですら海岸沿いに道路を通すことは不可能で、山を越えています。

黄金道路の建設が始まったのは、昭和2年のこと。
昭和9年にようやく海岸沿いに道路が開通したのです。
それまでの馬車道が山中に残されている部分がありますが、ほとんどが山中の悪路です。
海岸沿いに開通した新道の正式名は日勝海岸道路でしたが、あまりに費用がかかったので、黄金道路と呼ばれるように。

その後道路改修が進み、トンネル化された部分が増えています。
黄金道路途中の「えりも黄金トンネル」は、全長4941mで、北海道内で最も長い道路トンネルです。

名称 黄金道路展望台(望洋台)/おうごんどうろてんぼうだい(ぼうようだい)
所在地 北海道幌泉郡えりも町庶野
関連HP えりも町公式ホームページ
ドライブで とかち帯広空港から約85km
駐車場 5台/無料
問い合わせ えりも町産業振興課商工観光係 TEL:01466-2-4626/FAX:01466-2-4633
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
えりも黄金トンネル

えりも黄金トンネル

国道336号線のえりも町庶野地区〜広尾町の31.7kmが黄金道路。昭和9年の開通時には海岸沿いを覆道などで克服していましたが、現在は道路改良が進み、多くのトンネルが築かれています。えりも町にあるえりも黄金トンネルは、平成23年に完成。延長4

豊似湖

豊似湖

北海道えりも町。襟裳岬の北側、日高山脈の森のなかにひそむ北海道屈指の秘湖が豊似湖(とよにこ)。上空から眺めると、ハート型をしているユニークな形の湖で、エメラルド色の湖水をたたえています。アイヌの人々には、「カムイトウ」(kamuy-to=神

フンベの滝

フンベの滝

北海道広尾郡広尾町、国道336号(黄金道路)の広尾橋から襟裳岬(えりも町)方面に少し走ったフンベ地区の海岸に落ちる滝がフンベの滝。フンベとはアイヌ語のフンペ(humpe)で、クジラの意(フンと音を出すもの)。つまり海流の影響でこのあたりには

近藤重蔵道路開削記念碑

近藤重蔵道路開削記念碑

北海道広尾町の海岸線を走る国道336号(黄金道路)途中のルベシベツに立つ江戸時代の道路開削を記念して立てられた石碑が近藤重蔵道路開削記念碑。当時、急峻な日高山地に阻まれて、十勝と襟裳・日高を結ぶ満足な道路がなく、近藤重蔵が現在の広尾町ルベシ

人気記事

黄金道路展望台(望洋台)

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!