中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)

北海道旭川市にゆかりのある彫刻家、中原悌二郎(なかはらていじろう)を記念して開設された中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館。中原悌二郎の12点の彫刻作品を中心とする常設展のほか、企画展なども随時開催。白壁の建物は、明治35年に建築された旧旭川偕行社。陸軍第七師団の将校たちの社交場として建てられた洋館で、国の重要文化財。

重要文化財となった美しい洋館「旧旭川偕行社」も素敵!

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)
中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)

中原悌二郎は、明治21年10月4日、北海道釧路市の生まれ。
明治30年に母とともに旭川市に移り、母方の叔父の養子となり、忠別尋常高等小学校高等科(現・旭川市立日章小学校)を卒業。
その後、北海道庁立札幌中学校(現・北海道札幌南高等学校)に入学。

館内では中原悌二郎が残した12点の彫刻を中心に、 彫刻家としての中原悌二郎に大きな影響を与えたロダン、荻原碌山(荻原碌山の感化によって彫刻に転じています)、悌二郎の親友であった石井鶴三、堀進二の作品と、旭川市が昭和45年に創設した「中原悌二郎賞」の受賞作品などを所蔵展示しています。

重要文化財となっている建物は、北辺の守りを担う陸軍第七師団が旭川に設置された際に(明治29年5月12日)、将校たちが親睦を深める場として、日露戦争に出征直前の明治35年に建設。
「旭川偕行社」だった時代には、大正天皇、昭和天皇も北海道行幸啓の際に宿泊され、陸軍の医務総監だった作家・森鷗外が視察に訪れた時もここに泊まっています。

彫刻の町として知られる旭川を代表する場所

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)
中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)

現在は、隣接して井上靖記念館が建っていますが(共通券も販売)、井上靖は父・隼男が陸軍第七師団の軍医をしていたときに、師団の官舎で生まれているのです。

なお、彫刻の町として知られる旭川市街には彫刻美術館前庭、常磐公園、買物公園、忠別橋公園、北海道療育園「彫刻の森」などに旭川市の所有だけで70点、その他を合わせれば100点以上の野外彫刻が設置されています。

ちなみに、中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)は、旭橋(北海道遺産)や平和通買物公園、神楽外国樹種見本林、常磐公園、神居古潭、嵐山と嵐山からの眺望、ダイヤモンドダストとともに「旭川八景」の一つに数えられています。

全国に現存する偕行社に注目!
明治10年2月15日、帝国陸軍の将校准士官の親睦・互助・学術研究組織として、東京の九段上に設立された組織が「偕行社」。
「偕行」の意味は「共に軍に加わろう」で、漢詩の「修我甲兵(鎧、打ち物、うち揃え)、與子偕行(二人で行こうその時は)」に由来しています。
各地の偕行社は宿泊施設を備え軍装品を販売していました。
旭川市の旧旭川偕行社(陸軍第七師団)のほか、弘前市の旧弘前偕行社(陸軍第八師団)、金沢市の旧金沢偕行社(陸軍第九師団)、善通寺市の旧善通寺偕行社(陸軍第十一師団)、豊橋市の旧豊橋偕行社(陸軍第十五師団)、岡山市の旧岡山偕行社(陸軍第十七師団)が現存しています。
 

旭川・旭岳周辺の取材班おすすめの宿は!?

このエリアを旅するコツは、旭岳ロープウェイで山上に上がるなら、ぜひ旭岳温泉に泊まり、山上での時間にゆとりをもたせること。
旭岳温泉では、全国にリゾートホテルや旅館を展開する共立リゾートの運営する「ラビスタ大雪山」、全26室と優雅なリゾートホテル「ホテルディアバレー」(定山渓グランドホテル瑞苑を経営のハマノホテルズ運営)がおすすめ。
山麓では、ひがしかぐら森林公園にある「森のゆ ホテル花神楽」が比較的にエコノミーで家族向け。
旭川市内では、旭川駅隣接のJRグループの「JRイン旭川」が好評です。

ラビスタ大雪山

旭岳温泉にあるヨーロッパアルプスのホテルを思わせるような、山荘風のホテル。
部屋の窓から旭岳を眺める一等地に立地。
夕食は創作フレンチ料理と鉄板焼きの2つのレストランを選択。
温泉は源泉かけ流しです。

ホテルディアバレー

「大人の隠れ家」を自認する旭岳温泉のリゾートホテル。
別荘感覚で泊まれるようにとゆったりとした設計になっており、滞在にも向いています。
夕食は、前菜・メイン料理2皿に加え「野菜たちビュッフェ」が楽しめる「ディアバレースタイル」、またはカジュアルスタイルで楽しめる「和洋ビュッフェ」。
温泉は源泉かけ流しで、姉妹館「ホテルベアモンテ」(徒歩15分)の温泉も無料で利用可能。

森のゆ ホテル花神楽

旭川市街と、旭岳温泉の中間、ひがしかぐら森林公園にあるホテル。
公共の宿としてスタートしたため、設備も充実で、コテージもあります。
大浴場は、シーズン中は日帰り入浴客で混雑することを念頭に。
奮発すれば露天風呂付きの客室も。

JRイン旭川

JRグループのビジネスホテルだけに、JR旭川駅に隣接するという好立地。
イオンモール直結で、買い物などには困らないため、道内旅行の中継地点で、1泊は都会にという人にも絶好です。
温泉ではありませんが大浴場(半露天風呂付き)も備わっています。
ツインもエコノミーツインルーム(17平米)、ツインルーム(24平米)、ラージツインルーム(27平米/3名利用も可能)と3タイプあり、気分と予算に合わせることができます。

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社) DATA

名称 中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)/なかはらていじろうきねんあさひかわしちょうこくびじゅつかん(きゅうあさひかわかいこしゃ)
所在地 北海道旭川市春光5条7丁目
関連HP 旭川市公式ホームページ
電車・バスで JR旭川駅からあさでんバス25分、春光園前下車、すぐ
ドライブで 道央自動車道旭川鷹栖ICから約4km
駐車場 7台/無料、井上靖記念館(27台/無料)も利用可能
問い合わせ TEL:0166-46-6277/FAX:0166-46-6288
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

井上靖記念館

2018.07.29

三浦綾子記念文学館

2018.07.28

神楽外国樹種見本林

2018.07.28

人気記事

中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(旧旭川偕行社)

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!