世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 北海道6遺跡

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 北海道6遺跡

豊かな落葉広葉樹林と、海や河川からの漁業資源を背景に、1万年以上にわたり採集・漁労・狩猟による定住生活が行なわれた縄文時代。世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産となる17遺跡のうち、北海道は、千歳市以南の6遺跡が登録されています。

氷河期の終焉とともに、縄文時代が始まる

紀元前1万7000年〜紀元前400年(1万5000年前〜2400年前)という1万6000年以上も続いたのが縄文時代。
氷河期の終焉とともに、石器を主な道具としていた旧石器時代は終わりを告げ、1万5000年ほど前に縄文時代が始まりました。

縄文時代は日本独自の時代区分で(ヨーロッパでは、旧石器時代から鉄器時代及び古代ローマ帝国の成立までの幅広い時代に相当)、寒冷な気候が長く続いた旧石器時代以降、温暖で「縄文海進」と呼ばれる海が現在の平野部の内部まで進出していた時代です。
北海道・北東北が縄文文化の中心的存在だったのは、ドングリ類やクリ・クルミが実る落葉広葉樹の森林が広がり、暖流と寒流がぶつかる海には豊かな漁場があり、河川にはサケ・マス類などの回遊魚が遡上する、恵まれた環境にあったのです。

1万年以上という長い時代なので、温暖化、寒冷化という気象の変化、それに伴う海進・海退にも巧みに対応し、採集・漁労・狩猟を基盤とした生活を継続しました。
弥生時代になって定住生活が始まったというのは大きな間違いで、縄文時代には早期に土器が生まれ、食物を煮るなどの加工(柔らかくする、アクを抜く)、保存が可能になり、定住が始まります。
さらに集落に墓地を築き、墓地と居住域を分け、やがて拠点となる集落が誕生します。
集落には祭祀・儀礼の場である捨て場や盛土、環状列石などを築き、祖先崇拝や自然崇拝とともに、豊穣への祈念や互いの絆の確認など豊かな精神性が育まれました。

時代区分は、
ステージⅠ(定住の開始)、ステージⅡ(定住の発展)、ステージⅢ(定住の成熟)
に分けられています。

キウス周堤墓群/高い土手で囲まれた共同墓地

所在地:北海道千歳市中央
時代区分:ステージⅢ(定住の成熟)
史跡年代:紀元前1200年
内容:9基の周堤墓が現存(最大のものは外径83mで、日本最大の周堤墓)
ガイダンス施設:千歳市埋蔵文化財センター

キウス周堤墓群

北海道千歳市を走る国道337号沿いにある縄文時代後期の遺跡で国指定の史跡、キウス周堤墓群。地面を丸く削り、掘った土を周囲に土手状に積み上げてサークル状の堤を形成、内側を墓地にしているのが周堤墓。世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資

千歳市埋蔵文化財センター展示室

北海道千歳市、旧長都(おさつ)小中学校の校舎を再生した施設で、世界遺産「北海道・北東北の縄文遺産群」の構成資産となるキウス周堤墓群のガイダンス施設。館内ではキウス周堤墓など千歳市の遺跡から出土した遺物を収蔵展示しています。千歳の古代を解説す

【知られざる北海道】vol.17 千歳市で縄文人の生活を知る

今から1万2000年前〜2000年ほど前まで1万年に渡って続いた縄文時代。温暖な時代で、現在の平均海面よりも2m〜5mも海水面の上昇があり、縄文海進といわれています。そんな縄文時代に巨大な集落が築かれたのは、北海道の南部と北東北。どんな集落

高砂貝塚/内浦湾に面した共同墓地と貝塚

所在地:北海道虻田郡洞爺湖町高砂
時代区分:ステージⅢ(定住の成熟)
史跡年代:紀元前3500年~紀元前800年/対象は紀元前1000年=ステージⅢb(祭祀場と墓地の分離期)
内容:定住成熟期後半の貝塚を伴う共同墓地、抜歯の痕跡が認められる人骨なども出土
ガイダンス施設:入江高砂貝塚館

高砂貝塚

高砂貝塚

北海道虻田郡洞爺湖町高砂、噴火湾(内浦湾)沿いの縄文遺跡のひとつが高砂貝塚。南側の入江貝塚とともに世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産17のひとつになった貝塚を伴う集落で、噴火湾(内浦湾)を眺望する標高10mほどの台地上に位置し

入江高砂貝塚館

入江高砂貝塚館

北海道虻田郡洞爺湖町にある国の史跡に指定の入江・高砂貝塚の出土品を収蔵、200点ほどを展示する施設が入江高砂貝塚館。南側にある入江貝塚、北側の高砂貝塚はともに世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産で、入江高砂貝塚館はそのガイダ

入江貝塚/内浦湾に面した共同墓地と貝塚

所在地:北海道虻田郡洞爺湖町入江
時代区分:ステージⅢ(定住の成熟)
史跡年代:紀元前3500年~紀元前800年/中心は紀元前1800年=ステージⅢa(共同の祭祀場と墓地の進出期)
内容:竪穴住居による居住域と土坑墓による墓域で構成される縄文のムラ、定住成熟期前半において、共同の祭祀場や墓地を支えた周辺の集落の典型
ガイダンス施設:入江高砂貝塚館

入江貝塚

入江貝塚

 北海道虻田郡洞爺湖町、噴火湾(内浦湾)沿いの縄文遺跡のひとつが入江貝塚。北側の高砂貝塚(たかさごかいづか)などとともに世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産17のひとつになった貝塚を伴う集落で、噴火湾(内浦湾)を眺望す

入江高砂貝塚館

入江高砂貝塚館

北海道虻田郡洞爺湖町にある国の史跡に指定の入江・高砂貝塚の出土品を収蔵、200点ほどを展示する施設が入江高砂貝塚館。南側にある入江貝塚、北側の高砂貝塚はともに世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産で、入江高砂貝塚館はそのガイダ

北黄金貝塚/内浦湾に面した大規模な貝塚を伴う集落

所在地:北海道伊達市北黄金町
時代区分:ステージⅡ(定住の発展)
史跡年代:紀元前5000年~紀元前3500年/ステージⅡa・集落施設の多様化期
内容:定住発展期前半の貝塚を伴う拠点集落で、貝塚や水場での祭祀・儀礼などの高い精神文化を示す重要な遺跡
ガイダンス施設:北黄金貝塚情報センター(史跡北黄金貝塚公園内)

北黄金貝塚

北黄金貝塚

北海道伊達市北黄金町、国道37号沿いにある縄文時代の遺跡が北黄金貝塚(きたこがねづかかいづか)で、一帯は史跡北黄金貝塚公園として整備され、北黄金貝塚情報センターが建っています。世界遺産「北海道・北東北の​縄文遺跡群」の構成資産のひとつ(道内

北黄金貝塚情報センター

北黄金貝塚情報センター

北海道伊達市北黄金町、世界遺産「北海道・北東北の​縄文遺跡群」の構成資産のひとつ北黄金貝塚のガイダンス施設が、史跡北黄金貝塚公園にある北黄金貝塚情報センター。北黄金貝塚から出土した、世界最古ともいわれる骨刀(エゾシカやクジラの骨を加工した刀

大船遺跡/祭祀場が発達した拠点集落

所在地:北海道函館市大船町
時代区分:ステージⅡ(定住の発展)
史跡年代:紀元前3500年~紀元前2000年/中心は紀元前2500年~紀元前2000年=ステージⅡb・拠点集落の出現期
内容:定住発展期後半の祭祀場である大規模な盛土を伴う拠点集落で、盛土からは膨大な量の土器や石器、焼土などが出土
ガイダンス施設:函館市縄文文化交流センター

大船遺跡

大船遺跡

渡島半島の噴火湾(内浦湾)沿い、函館市の南茅部地区にある縄文時代前期後半(紀元前3200年)から中期後半(紀元前2000年頃)の大規模な集落遺跡が大船遺跡(おおふねいせき)。南側の垣ノ島遺跡とともに、世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群

函館市縄文文化交流センター

函館市縄文文化交流センター

北海道函館市臼尻町、道の駅「縄文ロマン 南かやべ」に併設されるのが函館市縄文文化交流センター。北海道で唯一の国宝「中空土偶」など南茅部の縄文遺跡から出土した貴重な品々を収蔵展示する施設で、世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」のビジター

垣ノ島遺跡/居住域と墓域の分離を示す集落

所在地:北海道函館市臼尻町(函館市縄文文化交流センターが隣接)
時代区分:ステージⅠ(定住の開始)
史跡年代:紀元前7000年~紀元前1000年/中心は紀元前5000年=ステージⅠb(集落の成立期)
内容:定住開始期後半に始まる集落遺跡で、6000年もの長い間存続した集落で、竪穴住居による居住域と、土坑墓からなる墓域が分離。墓からは子どもの足を押しつけた足形付土版が副葬品として出土
ガイダンス施設:函館市縄文文化交流センター

垣ノ島遺跡

垣ノ島遺跡

北海道函館市臼尻町、国道278号の臼尻漁港近く、標高32m~50mの海食段丘上にあるのが垣ノ島遺跡(かきのしまいせき)。世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡」の構成資産のひとつで、縄文時代、定住開始期後半の集落遺跡です。「コ」(U)の字形

函館市縄文文化交流センター

函館市縄文文化交流センター

北海道函館市臼尻町、道の駅「縄文ロマン 南かやべ」に併設されるのが函館市縄文文化交流センター。北海道で唯一の国宝「中空土偶」など南茅部の縄文遺跡から出土した貴重な品々を収蔵展示する施設で、世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」のビジター

世界遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」 北海道6遺跡
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!