神の子池

摩周湖の清里町側、いわゆる裏摩周エリアにあり、地元では「摩周湖の伏流水が湧き出す場所」といわれている湧水池。底の砂をぼこぼこと吹き上げながら、1日1万2000tもの水が湧き出し、周囲200mほどの池をつくっています。一帯の自然は神の子池風景林として保護されており、原始的な環境が保たれ、ヒグマも出没する秘境です。

摩周湖の伏流水が湧き出す!? 神秘の池

池を一周の散策路も整備されています

水がブクブク湧いている様子が観察できます

地元では、「神からの贈りもの」と呼ばれ、伏流水だけあって、水の清らかさは特筆もの。

湖面は神秘的なコバルトブルーにきらめき、その名がぴったりきます。

清里峠(裏摩周展望台入口)と斜里町を結ぶ道道1115号(摩周湖斜里線)から別れ、ダートで一部対面通行も困難なハトイ札弦川林道を2kmほど走りますが、池の手前には駐車場も完備。

また、裏摩周展望台も近いので裏摩周展望台とのハシゴも可能。

ヒグマの出没に注意を

  
 
神の子池の湧き水は摩周湖の水!?
近年の研究(水質組成の分析/千葉大学)で摩周湖の伏流水は表摩周側(北海道区水産研究所虹別さけます事業所の虹別湧水)に湧出し、神の子池は摩周湖の水ではなく、外輪山への降水だということが判明しています。
 

神の子池 DATA

名称 神の子池/かみのこいけ
所在地 北海道斜里郡清里町清泉
関連HP http://www.kiyosatokankou.com/
電車・バスで JR緑駅からタクシーで25分
ドライブで 根室中標津空港から約48km
駐車場 30台/無料
問い合わせ きよさと観光協会TEL:0152-25-4111

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!