エサヌカ原生花園

エサヌカ原生花園

北オホーツク、北海道猿払村の浅茅野原野(あさじのげんや)の海岸沿いに続く原生花園がエサヌカ原生花園。とはいえ看板もなく、原野と原始砂丘、エサヌカ川沿いの牧草地が続くだけなので、訪れてもどこが原生花園なのかはっきりしません。エゾカンゾウ、ハマナス、ワタスゲ、コケモモ、ヒオウギアヤメなどが咲く初夏はまさに百花繚乱。

北オホーツクの海岸沿いすべてが原生花園!

舗装された車道が北オホーツクの海岸沿いに南北に走るので、国道を離れて原生花園のドライブを楽しみましょう。
オホーツク海からの強い海風で砂丘にへばりつくようなハナマスの群落、イソツツジにも注目を。

モケウニ沼、エサヌカ直線道路(猿払村道浜猿払エサヌカ線)などと組み合わせての探勝がおすすめです。

酸性の土壌、ポドゾル土壌に注目!

エサヌカ原生花園では、ロシア・シベリア地方のタイガなどに特徴的にみられるを観察できます。
湿潤低温環境で、分解されにくい針葉樹の落葉を多量に含む酸性腐食土壌から鉄やアルミニウムなどが溶脱されることによって形成される土壌のこと。
ガンコウランやイソツツジが分解して誕生したと推測できますが、温暖化によって、失われつつあります。

名称 エサヌカ原生花園/えさぬかげんせいかえん
所在地 北海道宗谷郡猿払村浜猿払
関連HP 猿払村公式ホームページ
ドライブで 稚内空港から約52km
駐車場 3台/無料
問い合わせ 猿払村企画政策課 TEL:01635-2-3132
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
モケウニ沼

モケウニ沼

北海道猿払村の浅茅野原野(あさじのげんや=浅茅野湿原)にある秘沼がモケウニ沼。北オホーツク道立自然公園に指定され、沼南部は総面積375haのモケウニ沼湿原が広がっています。駐車場からは湿原に下るように歩道が設けられ、湿原内には沼へと一直線に

エサヌカ直線道路(猿払村道浜猿払エサヌカ線)

エサヌカ直線道路(猿払村道浜猿払エサヌカ線)

北海道、北オホーツクの猿払村を走る国道238号は、スピード違反に要注意の道。国道の海岸側は浅茅野台地(あさじのだいち)と呼ばれる原野と牧草地、原生花園が広がっています。国道に並走するように海岸側を走るのが地元で「エサヌカ直線道路」と呼ばれる

猿払電話中継所跡

浜猿払(はまさるふつ)漁港近く、浜猿払交流センター前にある電信に関する史跡。昭和9年2月11日、北海道と樺太を海底ケーブルで結ぶ東京〜札幌〜豊原(樺太)間の長距離電話回線が完成し、樺太と電話回線が繋がっています。猿払電話中継所はこの海底ケー

飛行場前駅跡

北オホーツクの北海道枝幸郡浜頓別町、平成元年のJR天北線廃止に伴い駅としての使命を終えた飛行場前駅。原野と牧草地が続く広大な大地にひっそりと飛行場前駅跡が眠っています。駅舎もない無人駅だったため、現存する施設は雑草に覆われたホーム跡とアスフ

人気記事

エサヌカ原生花園

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!