エサヌカ直線道路(猿払村道浜猿払エサヌカ線)

エサヌカ直線道路(猿払村道浜猿払エサヌカ線)

北海道、北オホーツクの猿払村を走る国道238号は、スピード違反に要注意の道。国道の海岸側は浅茅野台地(あさじのだいち)と呼ばれる原野と牧草地、原生花園が広がっています。国道に並走するように海岸側を走るのが地元で「エサヌカ直線道路」と呼ばれる道。猿払村道浜猿払エサヌカ線が正式名で、原生花園を貫く直線道路です。

原生花園と原野を走る直線道路

エサヌカ直線道路(猿払村道浜猿払エサヌカ線)

浜頓別町(はまとんべつちょう)のベニヤ原生花園入口近くからエサヌカ原生花園を抜け、浜猿払港(はまさるふつこう)に抜ける快適なドライブルートですが、浜頓別側の入口は見落としやすいので注意が必要。

浜頓別側から北上する際にはベニヤ原生花園の案内所で入口を確認するといいでしょう。
途中のモケウニ沼からこの直線道路に入ることももちろん可能。
北オホーツクでは国道を外れて寄り道すると、茫洋(ぼうよう)とした北オホーツクのイメージが理解できるはず。

途中で1ヶ所クランクがありますが、浜頓別側が両側が牧草地の8.4km、クランク後の浜猿払側が海岸道路で4.2kmあります。
浜猿払側の沿線はエサヌカ原生花園が広がっています。

名称 エサヌカ直線道路(猿払村道浜猿払エサヌカ線)/えさぬかちょくせんどうろ(さるふつそんどうはまさるふつえさぬかせん)
所在地 北海道宗谷郡猿払村浜猿払〜浅茅野台地
ドライブで 稚内空港から約48km
駐車場 牧草地入口の舗装された路肩を利用(農業車両の迷惑にならないように注意を)
問い合わせ 猿払村企画政策課 TEL:01635-2-3132
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
エサヌカ原生花園

エサヌカ原生花園

北オホーツク、北海道猿払村の浅茅野原野(あさじのげんや)の海岸沿いに続く原生花園がエサヌカ原生花園。とはいえ看板もなく、原野と原始砂丘、エサヌカ川沿いの牧草地が続くだけなので、訪れてもどこが原生花園なのかはっきりしません。エゾカンゾウ、ハマ

モケウニ沼

モケウニ沼

北海道猿払村の浅茅野原野(あさじのげんや=浅茅野湿原)にある秘沼がモケウニ沼。北オホーツク道立自然公園に指定され、沼南部は総面積375haのモケウニ沼湿原が広がっています。駐車場からは湿原に下るように歩道が設けられ、湿原内には沼へと一直線に

猿払電話中継所跡

浜猿払(はまさるふつ)漁港近く、浜猿払交流センター前にある電信に関する史跡。昭和9年2月11日、北海道と樺太を海底ケーブルで結ぶ東京〜札幌〜豊原(樺太)間の長距離電話回線が完成し、樺太と電話回線が繋がっています。猿払電話中継所はこの海底ケー

クローバーの丘

クローバーの丘

北オホーツクと呼ばれる北海道浜頓別町、オホーツク海に沿って走る国道238号から脇にそれ、ポン沼とクッチャロ湖の間を走る道道710号浅茅野台地浜頓別線に入り、さらに分岐から細い農道(舗装)で丘に上ると、見えてくるのがクローバーの丘。クッチャロ

飛行場前駅跡

北オホーツクの北海道枝幸郡浜頓別町、平成元年のJR天北線廃止に伴い駅としての使命を終えた飛行場前駅。原野と牧草地が続く広大な大地にひっそりと飛行場前駅跡が眠っています。駅舎もない無人駅だったため、現存する施設は雑草に覆われたホーム跡とアスフ

人気記事

エサヌカ直線道路(猿払村道浜猿払エサヌカ線)

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!