登別温泉で『鬼火の路 幻想と神秘の谷』

日和山の噴火活動によりできた直径450m、広さ11はの爆裂火口跡が登別温泉の源泉地帯でもある地獄谷。その地獄谷をめぐる遊歩道を日没から21:30までの間、明かりに照らされるのが、『鬼火の路 幻想と神秘の谷』。地獄谷には車椅子用のスロープ(勾配最大8%)も設置されていますが歩きやすい格好で散策を。

夜の地獄谷散策を目的に、登別に泊まろう!

水蒸気を上げる噴気孔、温泉の湧出口があり、グツグツと煮えたぎる湯釜の光景が「鬼の棲む地獄」を連想させることから地獄台の名がつきました。
「暗闇だけにみせる荒々しい姿は、まさに現世とは思えないほど大自然の驚異を剥きだします」(登別観光協会)とのことなので、登別温泉に泊まったなら、ぜひ夜の散策に出かけましょう。
地獄谷展望台、地獄谷遊歩道(568m/10分)、大湯沼遊歩道(298m/10分+308m/7分)は通年通行が可能。
日中なら地獄谷遊歩道と大湯沼遊歩道を使って大湯沼展望台、奥の湯展望台まではぜひ足を伸ばしましょう。

onibiroad02
 

登別温泉 鬼火の路 幻想と神秘の谷 DATA

開催日 通年
開催時間 日没~21:30
所在地 地獄谷遊歩道・地獄谷展望台
場所 北海道登別市登別温泉町
地図
電車・バスで JR登別駅前から道南バス登別温泉行きで15分、終点下車、徒歩10分
ドライブで 道央自動車道登別東ICから登別温泉方面に7km
駐車場 150台(登別地獄谷駐車場)/1回500円(大湯沼駐車場と共通で両駐車場に1回ずつ駐車可能)
問い合わせ 登別観光協会TEL:0143-84-3311/FAX:0143-84-3303
公式HP http://www.noboribetsu-spa.jp/

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!