鴻之舞鉱山跡

鴻之舞鉱山跡


北海道紋別市鴻之舞にある金を採掘した鉱山の跡が鴻之舞鉱山跡(こうのまいこうざんあと)。大正5年に鉱床が発見され、大正6年から住友(後の住友金属鉱山)が経営に乗り出し、昭和48年に閉山になるまで金・銀・銅などを産出しました。現在は鉱山跡碑、慰霊碑などが往時をしのばせています。

昭和15年には日本一の金産出を誇った鉱山の跡

北オホーツクのウソタンナイ川では明治時代後期にゴールドラッシュが生まれましたが、そこからオホーツク海沿いに南下した場所が鴻之舞地区。
紋別市街地から北海道道305号(紋別丸瀬布線)を南に30kmほど離れた山中にあるのが、鴻之舞鉱山跡。

昭和15年には年間金2.8t(国内第1位)、銀46tを、昭和30年には金年間2.98トンの最高産出量を記録し、操業開始から閉山までの間に金72.6t、銀1234tを産出しています。
鉱山の最盛期といわれる昭和17年頃には、精錬施設や社宅、病院、学校など人口1万4640人もの鉱山町がありましたが、今では遺構もほとんど残らない「幻の町」になっています。

坑道で使われていた協三工業製3tディーゼル機関車(昭和29年製造)は、遠軽町の丸瀬布森林公園いこいの森で保存されています。
紋別と鴻之舞、丸瀬布を結ぶ街道途中にある旧上藻別駅逓所は、大正15年に官設の駅逓(人馬の継立と旅人の宿泊など運輸・通信・宿泊を一体化した北海道開拓時代の制度)として建てられた建物が現存(国の登録有形文化財)。
上藻別駅逓保存会が管理運営し、鴻之舞鉱山資料なども展示されています。

紋別市と遠軽町(旧丸瀬布町)境界の金八峠(旧道)は、鴻之舞鉱山と石北線(昭和7年開業)を結び、昭和6年12月に開通した鴻之舞・丸瀬布間道路。
峠の名は、遠軽と丸瀬布の誘致合戦の際、丸瀬布への誘致に尽力した東町の料亭「美濃家」の芸妓・金八の名をとったもの。
平成19年に金八トンネル(延長1752m)が開通したことで、旧道は廃道になっています。

名曲『銀色の道』と鴻紋軌道

ザ・ピーナッツの育ての親で、『宇宙戦艦ヤマト』のテーマソングなどで知られる作曲家の宮川泰(みやがわひろし/北海道留萌市生まれ)も、小学生時代を鉱山町・鴻之舞で過ごしています。
戦時下の昭和18年6月には紋別〜鴻之舞間28kmに軽便鉄道「鴻紋軌道」(こうもんきどう/昭和23年廃止)が敷設されましたが、昭和41年、ザ・ピーナッツとダークダックスとの競作として世に出た『銀色の道』(塚田茂作詞・宮川泰作曲)は、鴻紋軌道のレール跡の水たまりに月の光が映る姿をイメージし、「何度か紋別を訪れて、父の無念の思いや自分の望郷の念が重なりあって自分自身、この曲の原点が鴻之舞にあると確信するようになった」(宮川泰)という鴻之舞鉱山ゆかりの名曲。

鴻之舞鉱山跡
名称 鴻之舞鉱山跡/こうのまいこうざんあと
所在地 北海道紋別市鴻之舞元町
ドライブで 丸瀬布遠軽道路丸瀬布ICから約23km。女満別空港から約100km
問い合わせ 紋別市教育委員会 TEL:0158-24-2416/FAX:0158-24-5603
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
丸瀬布森林公園いこいの森

丸瀬布森林公園いこいの森

北海道紋別郡遠軽町丸瀬布(まるせっぷ)にある森林公園が丸瀬布森林公園いこいの森。道道1070号(上武利丸瀬布線)沿いにあり、キャンプ場も併設するアウトドアレクリエーション施設。北海道遺産、経済産業省の近代化産業遺産にもなっている森林鉄道蒸気

旧上藻別駅逓所

旧上藻別駅逓所

北海道紋別市上藻別、紋別市街と丸瀬布(遠軽町丸瀬布)を結ぶ北海道道305号(紋別丸瀬布線)沿いにある大正15年に官設の駅逓として建てられた建物が旧上藻別駅逓所。往時の建物が現存し、国の登録有形文化財になっているほか、上藻別駅逓保存会が管理運

人気記事

鴻之舞鉱山跡

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!