浜頓別ウインドファーム

浜頓別ウィンドファーム

北海道浜頓別町(はまとんべつちょう)、北オホーツクに突き出した北見神威岬(きたみかむいみさき)から浜頓別市街へと延びる北オホーツクの海岸線。その海岸線に沿って国道238号が走っていますがが、ひときわ印象的なのが原野の中に建つ浜頓別ウインドファームの巨大な風車群です。

北オホーツクの海岸線に並ぶ風車群

5基の風車が回っていますが、ユーラスエナジーが出資する浜頓別ウインドファームが4基、NPO法人北海道グリーンファンドの出資による市民風車(北海道市民風力発電)が1基(愛称「はまかぜ」ちゃん)です。
風車の基部に愛車、人物を入れての記念撮影が可能。

浜頓別町の町名の由来は、頓別村(とんべつむら)から大正10年に中頓別村を分村し、昭和26年に浜頓別町に改称したもの。
広い頓別エリアの浜の町という意。
頓別は、アイヌ語のトウンペッ(to-un-pet=湖・に入る・川)に由来する地名で、浜頓別ウインドファーム近くの河口でクッチャロ湖の水が流れ込む頓別川を表しています。

名称 浜頓別ウインドファーム/はまとんべつういんどふぁーむ
所在地 北海道枝幸郡浜頓別町頓別原野
ドライブで 稚内空港から約72km
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!