基坂

基坂

北海道函館市元町にある坂が基坂(もといざか)。基坂の上には、松前藩時代には亀田番所、幕府直轄の時代には箱館奉行所、明治時代には開拓使の支庁、函館県庁、北海道庁支庁などの建物があり、一帯が箱館(明治維新後は函館)の中心だった地。明治維新後に、坂下に「里程元標」が立てられたことが坂名の由来です。

明治時代、函館の中心だった坂

基坂と呼ばれる前は、お役所の坂、お役所を御殿と称し御殿坂といわれていましたが、明治維新後、坂の下に里数を測る基点となる「里程元標」が立ち、基坂と命名されました。
開港時には外国船の入港手続を行なった函館税関のあったベイサイド地区(函館税関は昭和43年に海岸町に移転し、跡地は海上自衛隊函館基地隊になっています)と元町地区(元町公園)を直結する坂で、観光客の姿も多い坂です。

坂の途中には、函館市旧イギリス領事館、ペリー広場(ペリー提督来航記念碑)、大正2年築のレトロな相馬株式会社社屋(ルネサンス風事務所建屋)、函館市北方民族資料館、明治42年築の擬洋風建築を再生した「元町ガラス工房」があります。

ちなみにイギリス領事館は、安政6年(1859年)の箱館開港とともに、アメリカ、ロシアに次いで3番目に開設された領事館。
現在の建物は大正2年に移転新築されたもの。
昭和9年に領事館としての役目を終えて閉鎖され、現在は記念館(開港ミュージアム)として公開されています。

名称 基坂/もといざか
所在地 北海道函館市元町
関連HP 函館市公式観光情報
電車・バスで JR函館駅前から函館市電函館どっぐ前行きで7分、末広町下車、徒歩3分
ドライブで 函館空港から約10km
駐車場 元町観光駐車場(93台/有料)
問い合わせ 函館国際観光コンベンション協会TEL:0138-27-3535
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
函館公園

元町公園

北海道函館市元町、古くは箱館奉行所、明治時代には函館出張開拓使庁が置かれていた場所に整備された公園が元町公園。室町時代には地方豪族・河野政通の箱型の館がここにあったのが箱館(はこだて=函館)の地名の由来になっています。園内には開拓時代の建物

八幡坂

箱館(現・函館)の基坂(もといざか)の上にあった箱館奉行所脇の八幡宮が、1804(文治元)年の奉行所拡張にともなって、この坂の上に移されたことが八幡坂の名の由来。当時は坂がもっと西に曲がっていたといいますが、明治12年の大火後に整備され、今

大三坂

大三坂

北海道函館市元町・末広町にある坂道が大三坂(だいさんざか)。道の両側にある擬洋風建築と石畳のエキゾチックな雰囲気で「坂の町」函館でもっとも絵になる場所ともいわれ、大三坂からチャチャ登りへと続く坂道は映画『夕陽の丘』(昭和39年、主演・石原裕

チャチャ登り

チャチャ登り

北海道函館市元町、国の重要伝統的建造物群保存地区(函館市元町末広町伝統的建造物群保存地区)に指定される元町の函館ハリストス正教会と日本聖公会函館聖ヨハネ教会の間にある、小さく急な坂道がチャチャ登り。チャチャ(cyacya)とはアイヌ語のお爺

人気記事

基坂

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!