きじひき高原キャンプ場

木地挽山(683m)の山腹に広がる330haの北斗市公共育成牧場。牧草地が広がるきじひき高原は、駒ヶ岳と大沼、小沼、じゅんさい沼など大小の沼、さらには函館市街、函館山、津軽海峡を箱庭のように眺める展望地。きじひき高原の函館寄りに位置するのが「きじひき高原キャンプ場」でバンガローもあり、函館の「裏夜景」が楽しめます。

公共育成牧場の牧草地に位置する絶景のキャンプ場

標高420m内外のきじひき高原にあり、周囲は公共育成牧場。
函館側に突き出した尾根の突端に位置するので、函館側の眺望がパノラマのように広がります。

施設は、バンガロー(7人用/ペットは不可)12棟、多目的広場、バーベキューハウス、芝スキー場、テント村(キャンプエリア)、見晴公園。
日帰りバーベキューも可能です。

入浴などは、仁山高原山麓のニヤマ温泉「あじさいの湯」が利用できます。

 

きじひき高原キャンプ場
名称 きじひき高原キャンプ場/きじひきこうげんきゃんぷじょう
所在地 北海道北斗市村山
関連HP 北斗市公式ホームページ
電車・バスで JR新函館北斗駅からタクシーで20分
ドライブで 函館空港から約30km
駐車場 200台/無料
問い合わせ きじひき高原キャンプ場 TEL:0138-77-8381
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

きじひき高原 噴火湾眺望台

2017.05.01

きじひき高原パノラマ眺望台

2017.05.01

オススメ

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!