道の駅おだいとう(別海北方展望塔)

国道244号沿い春別川の河口、白鳥台にある展望施設が別海北方展望塔。1階は北方展望塔レストラン、2階は北方領土関連の展示室で、3階が4台の無料双眼鏡(1台はテレビ望遠鏡)を備えた展望室となっています。

国後島を無料の望遠鏡で眺望

館内には、「別海ジャンボホタテバーガー」、「別海ジャンボホッキカツ丼」などのご当地グルメが味わえる「レストラン四角い太陽」も営業。
ホタテバーガーには生乳生産量日本一の町ならではの「ジョッキ牛乳」付き。

別海北方展望塔の前には「四島への道・叫びの像」がありますが、この像は、昭和57年、「株式会社でん六」の創業者・鈴木傳六氏が寄贈したもの。
「島を返せ」と叫び続ける国民の総意を、老女とその孫に託した様子が力強く表現されています。
「四島」に見立てた4本の柱と、叫びの像の間が16mなのは、野付半島と国後島の距離がわずか16kmだということに由来。
つまりここは、「北方領土を目で見る」施設というわけで、展望塔は北方領土対策協会が国庫補助を受けて建設したもの。

北方領土に関する施設としては他に、開陽台(中標津町)、北方領土館(標津町)、国後展望塔(羅臼町)、北海道立北方四島交流センター「ニホロ」(根室市)、望郷の家、北方館(根室市)があります。

オオハクチョウの越冬地、白鳥台
展望塔の下、春別川の河口は全国屈指のオオハクチョウの越冬地である「白鳥台」。
シベリアに帰る渡りのコース途中にあるため、毎年10月下旬から11月初旬にかけてオオハクチョウが飛来します。
3月にかけて数千羽を越える白鳥が大集結するのです。

オオハクチョウ

 

道の駅おだいとう(別海北方展望塔) DATA

名称 道の駅おだいとう(別海北方展望塔)/みちのえきおだいとう(べっかいほっぽうてんぼうとう))
所在地 北海道野付郡別海町尾岱沼5-27
関連HP http://betsukai-kanko.jp/
ドライブで 根室中標津空港から約33km
駐車場 50台/無料
問い合わせ TEL:0153-86-2449

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!