だるま軒

だるま軒

北海道札幌市、屋台から始まった札幌ラーメンのルーツ的な店が、二条市場仲町通りに店を構えるだるま軒。昭和22年、西山仙治(にしやませんじ)氏が狸小路(たぬきこうじ)で屋台を出店したのが始まりで、昭和24年に二条市場に移転。今も札幌市民に愛されるまさに「札幌ラーメンの元祖」です。

札幌ラーメン、西山製麺のルーツがこの店!

創業者の西山仙治氏は富山県出身で、東京の中華料理店でラーメン作り、製麺技術を修業。
屋台時代から、東京風のあっさりした中華そばを出していました。

今では全国的に有名になった西山製麺所ももともとは、かん水を使った麺作りが評判となり、松田勘七の「龍鳳」、大宮守人の「味の三平」などでも使われるようになったため、昭和28年に従兄弟の西山孝之(にしやまたかゆき)を八尾(富山県)から呼び寄せ、だるま軒の製麺部門が独立して開業したものです。

こだわりの麺は、今も昔ながらにかん水と小麦粉のみの自家製麺。
スープは、「常に原点にもどり、頑固に基本を守り、生の味を大切に生かし、身体に悪いものは一切使用しておりません」と店に宣言が掲示される通りに、シンプルでヘルシーな味。
スープは豚骨と鶏ガラベースのあっさり味で、化学調味料も使っていません。

つまりは、「毎日続けて食べて頂きましても飽きのこないラーメン」が二条市場で働く人や、タクシー運転手などに長年支持させてきた最大の理由です。

だるま軒で2代目を務めた大森久蔵氏の「王香」が店を閉じたので、ラーメン好きを中心に、ますますだるま軒に熱い視線が集まっています。

だるま軒初体験という場合には、まずは、東京風のラーメンが、札幌に土着し、縮れ麺を生み出しながら、どんな進化を遂げたのかを確認するためにも、醤油味の注文をおすすめします。

だるま軒
名称 だるま軒/だるまけん
所在地 北海道札幌市中央区南三条東1
電車・バスで 札幌市営地下鉄豊水すすきの駅、大通駅から徒歩10分。JR札幌駅から徒歩20分
問い合わせ だるま軒 TEL:011-251-8224
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
味の三平

味の三平

北海道札幌市中央区にある老舗のラーメン店が味の三平。創業者の大宮守人氏が考案したのが、味噌ラーメン。雑居ビルの4階にあるため、見逃す人も多いのですが、ここが全国に数ある味噌ラーメンのルーツの店となっています。というわけで店では「元祖札幌味噌

人気記事

だるま軒

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!