添別ブナ林(北限のブナ林)

添別ブナ林(北限のブナ林)

北海道黒松内町にあるブナの森のひとつが添別ブナ林(そいべつぶなりん)。黒松内町では「北限のブナ林」として歌才ブナ林が有名ですが、ブナ林の入口まで徒歩15分。そしてさらに坂道を登らなければなりません。添別ブナ林は、ミニビジターセンターの駐車場に車を入れて一周30~40分の周回コースという手頃な散策ルートが用意されています。

二次林ながら本当の「北限のブナ林」はここ!

添別ブナ林(北限のブナ林)

大木が多い歌才ブナ林に比べると若木が多いのが特徴。
実は、昭和の初めに一度伐採され、現在の若木(直径20cm〜40cm)はその後に生育した二次林です。

緯度的には、「北限のブナ林」として有名な歌才ブナ林よりも実はこちらの方が北に位置しているので、本来は添別ブナ林が本当の北限ということに。
添別地区の50ha(黒松内町自然環境保全林)は、黒松内の原風景がそっくり残されているエリアとして近年注目を浴びつつあるのです。

ブナは温帯を代表する樹種で、北海道では渡島半島だけに分布。
黒松内はその北限で、太平洋側の長万部と日本海側の寿都を結ぶ黒松内低地帯が境界線。
札幌の北大植物園などにもブナの巨木はありますが、自生の北限は黒松内町なのです。

名称 添別ブナ林(北限のブナ林)/そいべつぶなりん(ほくげんのぶなりん)
所在地 北海道寿都郡黒松内町中ノ川
関連HP 黒松内町公式ホームページ
駐車場 ミニビジターセンター(10台/無料)
問い合わせ 黒松内町ブナセンター TEL:0136-72-4411
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
歌才ブナ林(北限のブナ林)

歌才ブナ林(北限のブナ林)

北海道寿都郡黒松内町にあるブナの森が歌才ブナ林(うたさいぶなりん)。「北限のブナ林」として知られています。大正13年、国の天然記念物指定に向けて調査員として歌才ブナ林を訪れた新島善直博士は、「かくのごとき原始林を残留せるは奇跡というべし」と

【知られざる北海道】vol.4 北の縄文文化を思いながら、北限の歌才ブナ林へ!

北限のブナ林が、渡島半島の黒松内町にあります。それが歌才ブナ林。北海道遺産に登録されてはいますが、まだまだ訪れる人は多くはありません。日本のブナは、南は鹿児島県大隅半島から北は北海道渡島半島まで分布します。寿都(すっつ)と長万部(おしゃまん

人気記事

添別ブナ林(北限のブナ林)

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!