十勝川温泉アクアパーク

十勝川温泉アクアパーク

北海道河東郡音更町、十勝川温泉街の南を流れる十勝川の河畔に設けられた園地が十勝川温泉アクアパーク。グリーンシーズンは、パークゴルフや早朝熱気球体験の会場として親しまれる場所ですが、11月初旬〜5月初旬頃には1000羽を超えるハクチョウが飛来し、1月下旬〜2月下旬には『おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華』も開催。

1000羽以上のオオハクチョウが越冬

十勝川温泉アクアパーク

十勝中央大橋近くの十勝川左岸には十勝川の流水の勢いを弱め、冬季にはハクチョウに親しむことができる護岸工(通称・白鳥護岸)が整備されています。
観察できるのは、オオハクチョウ、ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ、ホオジロガモ、マガモで、オオハクチョウは1200羽を超えることもあるとか。

1月下旬〜2月下旬の『おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華』は、十勝が丘公園を会場に、白鳥にちなんで開催されるイベントで、光と音のファンタジックショー。

十勝川温泉アクアパーク
名称 十勝川温泉アクアパーク/とかちがわおんせんあくあぱーく
所在地 北海道河東郡音更町
関連HP 音更町十勝川温泉観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR札内駅からタクシーで10分
ドライブで 道東自動車道音更帯広ICから約14km
駐車場 あり
問い合わせ 音更町十勝川温泉観光協会 TEL:0155-32-6633
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
北海道の白鳥飛来地

北海道の白鳥飛来地 9選

羽衣伝説の残る地と、白鳥飛来地が関連するという説もある、馴染みの深い鳥、白鳥。オオハクチョウ、コハクチョウが、越冬地を求めてシベリアの繁殖地から日本にやってきます。北海道に飛来する白鳥の多くは東北などに渡る経由地とするもので、北に帰る春と、

十勝中央大橋(白鳥大橋)

北海道音更町(おとふけちょう)と幕別町の境を流れる十勝川に架る橋長772.5mの橋が十勝中央大橋。国道38号と十勝川温泉を結ぶ十勝中央地区広域農道の橋で、冬季に白鳥が集まる場所、そして美しい斜張橋に張られたロープが白鳥の翼を思わせるというこ

十勝川

十勝川

大雪山系十勝岳(2077m)の南斜面を源流に、豊頃町で太平洋に注ぐまで、十勝平野を潤す北海道屈指の長大な河川が十勝川。幹川流路延長は156kmで、北海道第3位、日本第16位、流域面積9010平方キロは石狩川に次いで北海道第2位の規模で、日本

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!