風雪の塔・農業資料館

風雪の塔・農業資料館

日本最北の村である北海道猿払村(さるふつむら)。猿払村の基幹産業は酪農。昭和59年、生乳生産量が年間2万t、戸当り平均200tを突破したことを記念して建設されたのが風車をかたどった「風雪の塔」。併設の「農業資料館」では開拓の歴史を刻む農具などを展示しています。眼前にはオホーツク海、周辺には猿払村営牧場が広がっています。

猿払村の開拓と農業の歴史を知る

猿払村の開拓は、明治30年の、北海道国有未開地処分法(本州の資本家に広大な土地を無償で提供)により、国有未開地の私有地化が行なわれ、猿払川周辺の大農牧場開設によって幕が開けられました。
本格的な酪農は戦後、山形県からの集団入植によるもの。

村内の広大な農用地のほとんどが牧草地で、猿払村営牧場を中心とする一大酪農王国が広がっています。
猿払村営牧場(410ha)では広大な満州に見立てて、映画『人間の條件』(第1部・第2部=昭和34年公開、第3部=昭和36年公開/原作:五味川純平、主演:仲代達矢)のロケも行なわれています。

猿払村は大正13年に宗谷村(現在の稚内市宗谷岬周辺)から分離して誕生。
北海道では最大の面積を有する村で、十津川村に次いで日本で2番目に面積の大きい村です。

ちなみに猿払はアイヌ語のサルプッ(sar-put=ヨシ原の・河口)に由来し、現在の浜猿払(交易、入植、開拓の拠点は海岸でした)の地名が村名になったもの。

風雪の塔・農業資料館に隣接して道の駅「さるふつ公園」、海側にインディギルカ号遭難者慰霊碑があります。

名称 風雪の塔・農業資料館/ふうせつのとう・のうぎょうしりょうかん
所在地 北海道宗谷郡猿払村浜鬼志別214-7さるふつ公園内
関連HP 猿払村公式ホームページ
ドライブで 稚内空港から約39km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 猿払村企画政策課 TEL:01635-2-3132
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

インディギルカ号遭難者慰霊碑

昭和14年12月12日、荒れ狂う吹雪のなか、旧ソ連の貨客船「インディギルカ号」が当時の宗谷村浜鬼志別(はまおにしべつ=現・猿払村浜鬼志別)沖合いで座礁。多数の死傷者を出すものの、村民により多くの人命が救助されています。700名以上の人名が失

道の駅さるふつ公園

道の駅さるふつ公園

北海道猿払村、北オホーツクを走る国道238号沿いさるふつ公園(猿払村営牧場)にある道の駅が道の駅さるふつ公園。風雪の塔・農業資料館、、夢喰間(売店)、ホテルさるふつ、レストラン「風雪」(ホテルさるふつ1階)、ホテル内物産直売所などがあります

人気記事

風雪の塔・農業資料館

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!