竜宮街道

竜宮街道

オホーツク海とサロマ湖に挟まれた細い砂洲(砂嘴)は、全体が竜宮街道原生花園になっており、その中央を戦前の国道、竜宮街道が通っています。今でこそサロマ湖は海でつながっている汽水湖ですが、それは人工的に砂洲の一部を掘削し、水路(第1湖口、第2湖口)を設けたため。第1湖口の西側が紋別郡湧別町、東が北見市常呂町です。

天橋立を上回る壮大なスケールの砂州

竜宮街道
竜宮街道は全体が原生花園になっている

以前は25kmにも及ぶ長大な砂洲の道が街道(国道)で、大正10年9月3日に、ここを訪れた文人の大町桂月(大正5年に湧別線開通)は、「一方には湖水の静かな波、一方はオホーツク海の荒波を左右に見比べつつ、果ても知れぬ狭き州を行けば、唯々人界を離れて、竜宮に旅するかとのみ思はれ申候。『竜宮の通路』と命名いたし申候」と感嘆し、竜宮の通路と命名、これが竜宮街道の名前の由来です。
正確には、第1湖口の西側のサロマ湖口灯台がある部分も北見市常呂町で、これは、かつて湖口がなかった長大な砂州時代の名残です。

ワッカには明治25年~大正9年まで駅逓(えきてい)も設置され旅人の便宜を図っていました。
それでも厳しい冬などには行き倒れも出たと推測できます。
現在、第1湖口の東側、北見市側の竜宮街道は、環境保全のため車の進入はワッカネイチャーセンターまでとなっています。
夏にはハマナスが咲き誇る竜宮街道は、ワッカネイチャーセンターからレンタサイクルでまわるのもおすすめ。

ちなみに、第2湖口近くにあるワッカの森・ワッカの水から先端部は、砂丘に徒歩道が伸びるだけで、大町桂月が訪れた大正時代とほぼ同じ景観が残されています。
徒歩でしか突端に立つことができないので、その先端を疲労して到達と、ヒーローという栄誉をかけて「ヒーロー岬」と通称されています。

竜宮街道
第2湖口にかかる橋からのの眺め、左端に知床連山が
名称 竜宮街道/りゅうぐうかいどう
所在地 北海道北見市常呂町栄浦〜紋別郡湧別町登栄床
電車・バスで JR網走駅から網走バス佐呂間行き、中湧別行きで52分、サロマ湖栄浦下車、徒歩20分
ドライブで 女満別空港から約42km
駐車場 サロマ湖ワッカネイチャーセンター駐車場(153台/無料)
問い合わせ サロマ湖ワッカネイチャーセンター TEL:0152-54-3434
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
サロマ湖

サロマ湖

北海道のオホーツク海側(北見支庁)、北見市、佐呂間町、湧別町にまたがる湖面面積150平方キロという広大な湖がサロマ湖。琵琶湖、霞ヶ浦に次いで日本で3番目に大きな湖で、海水が流入する汽水湖としては、日本最大の湖です。長さ25kmにも及ぶ砂州で

幌岩山展望台(サロマ湖展望台)

幌岩山展望台(サロマ湖展望台)

北海道、サロマ湖の湖畔、標高376.0mの幌岩山(ほろいわやま/佐呂間町)山頂にある展望台。幌岩山は決して高い山ではありませんが、湖の南側の高台に位置するために、サロマ湖の全景を眺望できる唯一といっていい場所。対向車に注意しながらダートの林

龍宮台展望台

龍宮台展望台

北海道湧別町、サロマ湖とオホーツク海を隔てる長大な砂州に人工的に開いた湖口に臨む展望台が龍宮台展望台。湖口開削により砂州は東西に分断されていますが、西側(湧別町側)の突端部の砂丘一帯は竜宮街道にちなんで竜宮台と命名され、サロマ湖観光の拠点に

人気記事

竜宮街道

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!