第60回あっけしあやめまつり|厚岸町|2019

あっけしあやめまつり

2019年6月29日(土)~7月7日(日)、北海道厚岸町のあやめが原で『第60回あっけしあやめまつり』が開催されます。厚岸町市街地から厚岸大橋で厚岸湖を渡り、太平洋シーサイドラインを12km、原始の踊り木ともいえるダケカンバの林を通り抜けると、そこは高貴な香りを漂わす草原が広がります。それが原生花園あやめが原。

海霧がかかると幻想的なシーンに

チンベの鼻と呼ばれる海に突き出た大地あやめが原は、100haの広大な原生花園にヒオウギアヤメをはじめ100種類以上の草花が、5月~10月の間に次々と咲きます。
なかでも、6月下旬~7月上旬にかけて約30万株のヒオウギアヤメが一面に咲き、『あっけしあやめまつり』が開催されます。
ヒオウギアヤメの保護のため、毒性のあるヒオウギアヤメを食さない馬を放牧。
現在も数頭の馬が放牧されており、よく観察すると馬はヒオウギアヤメ以外の植物を食べるため、牧柵の内と外では大きな違いが。

ヒオウギアヤメの開花期間は、ちょうど海霧のかかるシーズンになりますが、海霧に覆われると幻想的な雰囲気が現出。

第60回あっけしあやめまつり|厚岸町|2019
開催日時 2019年6月29日(土)~7月7日(日)
所在地 北海道厚岸郡厚岸町末広321
場所 あやめが原
関連HP 厚岸町公式ホームページ
電車・バスで JR厚岸駅からくしろバス霧多布温泉行きで26分、アヤメガ原下車、徒歩10分
ドライブで 釧路空港から約77km
駐車場 77台/無料
問い合わせ 厚岸観光協会 TEL:0153-52-3131/FAX:0153-52-3138
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

あやめが原

道道123号(太平洋シーサイドライン)沿い、ダケカンバの林を抜けた、チンベノ鼻と呼ばれる台地状の岬。この岬付近一帯100haに広がる、30万株の群落があやめが原。アヤメはヒオウギアヤメで、開花期は年により異なりますが、6月中旬〜7月上旬ぐら

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!