石狩灯台

石狩川の河口近く、石狩浜(石狩砂丘)に建つ灯台。すぐ近くまで車で進入でき、そこから灯台までは木道が続いています。日本海と石狩川に挟まれた砂丘地帯に建ってはいますが、周辺には緑が多く、天気のいい日は散策にも最適。海水浴の季節になると、辺り一面にハマナスが咲き誇ります。

灯台入口に立つ『喜びも悲しみも幾歳月』の歌碑

灯台入口に立つ『喜びも悲しみも幾歳月』の歌碑

建設当時は砂州の先端にあったが、砂州の発達で中央部に!

灯台の建つ砂丘地帯一帯は、はまなすの丘公園として整備されており、ハマナスの開花期には群落がピンクに染まります。
灯台へと続く歩道の入口に、『喜びも悲しみも幾歳月』の歌碑がありますが、これは映画『喜びも悲しみも幾歳月』(昭和32年公開)の舞台(ロケ地)と、灯台設置100年を記念して平成3年に建立されたもの。

明治25年、石狩川の河口近く(砂州の先端部分)に初点灯した石狩灯台。当初は木造六角形の簡易なもので、白黒のツートーンカラーでした。
明治41年に現在の鉄筋コンクリートに建て替えられ、白亜の灯台に。さらに映画『喜びも悲しみも幾年月』のロケ地となって、総天然色映画(オールカラー映画)の出始めの時代ということもあって、スクリーン映えがするように配色が赤白2色に塗り替えられたのです(現在と塗り分け方が少し異なりますが・・・)。
以降、映画のままに赤白の配色が続いています。昭和40年に無人化され、平成11年に海側へ14m移設されていますが、明治時代に建てられたまま現存するのは道内で唯一です。

当初は、河口に近い砂州先端部分でしたが、その後の砂の堆積、砂州の発達で、河口部分から1kmほど離れています。

昭和32年に公開された映画『喜びも悲しみも幾歳月』(木下恵介監督、佐田啓二・高峰秀子主演)のロケ地ともなっていて、古き映画ファンには懐かしい場所となっています。
すぐ近くの石狩浜海浜植物保護センターの展望台からは、雄大な石狩砂丘や石狩平野が360度のパノラマで眺望できます。また、灯台入口に「はまなすの丘公園ヴィジターセンター」があり、休憩も可能です。

年配の人には『喜びも悲しみも幾歳月』歌碑が人気

年配の人には『喜びも悲しみも幾歳月』歌碑が人気

石狩川と石狩灯台

石狩川と石狩灯台

映画『喜びも悲しみも幾歳月』
昭和6年、灯台守を務める新婚夫婦は観音埼灯台に赴任。昭和7年、夫婦は石狩灯台へ転勤し、この地で長男と長女に恵まれるというストーリー。雄冬の山並みを背景に石狩の美しい浜と灯台が登場しますが、この雰囲気は今も映画と同じです。ちなみにロケが行なわれたのは、昭和32年3月24日~28日。このロケ前に灯台は赤白に塗り替えられました。北海道内で赤白の灯台が多いのは、この石狩灯台を真似てのこと。

ho001903

 

石狩灯台 DATA

名称 石狩灯台/いしかりとうだい
所在地 北海道石狩市浜町先
時間 外観見学自由
電車・バスで 地下鉄東西線・東豊線大通駅から徒歩5分の中央バス札幌ターミナルから北海道中央バス石狩行きで30分、終点下車、徒歩20分
ドライブで 札樽自動車道札幌北ICから19.9km(36分)
駐車場 50台/無料

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!