標津町にある超ツルツル温泉「ホテル楠」

知床半島の根っこの部分に位置するのが、標津町(しべつちょう)。海岸沿いに続く国道244号と中標津方面への国道272号の分岐点近くにあるのが北海道屈指のツルツル度を誇る「ホテル楠」。宿泊棟の背後に、銭湯のような浴場棟があり、日帰り入浴が楽しめます。湯上がりは、驚くほどにツルッツル!

pH9.1のすべすべ温泉に入浴しよう

まずは皆さんに質問。
知床ってどこまで? これ、地元知床周辺では政治、観光がらみで非常にデリケートな問題になっています。
知床半島・根室支庁側の根元に位置する中標津町や標津町は、「南知床」なる表現をして観光客の誘致を図りたいという意向があります。

さらに、中標津町と羅臼町はかつて平成の大合併の時、合併構想があり、最終的に市の名を「東知床市」とし、新市役所を中標津町役場とすることで合意していました。
これに大反対したのが、斜里町で、知床という名を自治体名に入れるべきではないと斜里町長が明言したわけです。(斜里駅はなぜか知床斜里駅になっていますが・・・)

今回の温泉はそんな話も前提に、標津町市街に湧く温泉の話。
pH9.1というアルカリ性単純温泉を源泉掛け流しにしたのがホテル楠。
民営国民宿舎も兼ねるエコノミーでアットホームな宿ですが、宿の裏に地元の人が「銭湯」として使う、温泉棟が建っています。

温泉名はオホーツク温泉。
実は紋別郡雄武町の公共の宿「ホテル日の出岬」もオホーツク温泉と名乗っていたのですが、元祖はこちら! 気がつかずに使っていたようなのです。
「失礼しちゃうわよね」といいながら女将さんは苦笑い。

ホテル楠
ホテル楠

温泉は、毎分308リットル、うち自噴で約200リットルと湯量も豊富。 「ここの湯は最高だね。温泉好きにはたまらない」と温泉ソムリエの板倉あつしさんも太鼓判です。

名称 オホーツク温泉ホテル楠/おほーつくおんせんほてるくすのき
所在地 北海道標津郡標津町南八条西1-4-1
関連HP オホーツク温泉ホテル楠公式ホームページ
ドライブで 根室中標津空港から約21km
駐車場 50台/無料
問い合わせ TEL:0153-82-3411/FAX:0153-82-3404
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

オホーツク温泉「ホテル楠」温泉棟

北海道には「つるつる温泉」と称する温泉が多々ありますが、標津町のホテル楠はまさにそれ。民営の国民宿舎で、アットホームなサービスと味自慢で常連も多いのですが、宿泊棟の裏手にある温泉棟では日帰り入浴も楽しめます。温泉棟の大浴場は平成29年5月に

浜の湯

尾岱沼港を走る国道244号近くにある民営の立ち寄り湯。国道の一本内側にあるため通り過ぎてしまう人も多いのですが、温泉好きなら見逃せない存在。ナトリウム-塩化物泉とアルカリ性単純温泉の2つの源泉を所有し、内風呂、露天風呂ともに泉質別に湯船を分

観光船の発着する尾岱沼に「公衆浴場浜の湯」が!

野付半島・トドワラへの観光船が発着する北海道別海町にある尾岱沼(おだいとう)の港。その一画に温泉が湧き、さらに公衆浴場があることを知る旅人はそう多くはありません。かつてライダーが北海道を席巻した時代には人気だった地の尾岱沼。そこに2つの源泉

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!