積丹岬自然遊歩道(シララの小道)

積丹岬周辺の海岸の高台を、東側からピリカ岬、女郎子岩、笠岩、出岬(積丹出岬灯台)、島武意海岸と歩くのが「積丹岬自然遊歩道(シララの小道)」。途中、3ヶ所に展望デッキも設置されています。駐車場は島武意海岸入口を利用することになり、その場合は、往復プランになります。全コースを歩くと4.7km、所要1時間30分。

島武意海岸の駐車場を起点に女郎子岩展望デッキ往復プランもOK

島武意海岸の駐車場を起点にする西側からのコースなら、島武意海岸トンネルの入口から、出岬(積丹出岬灯台)ならわずかに300m。
最初の展望デッキが設置されています。

さらに600m歩けば2つめの展望デッキとなり、笠泊(かさどまり)海岸を眼下にします。
女郎子岩の展望デッキまで歩くと入口から1.9km。所要30分ほど。

車を置いているなら、女郎子岩展望デッキ(TOPの画像)往復がおすすめです。

積丹半島には、神威岬に義経を追ったアイヌの酋長の娘・チャレンカの悲恋の話が残されていますが、入舸(いりか)地区でも義経は、首長の娘、シララと恋仲になったという伝承があります。

義経が去る時、シララは身を投げ、それが女郎子岩になったというもの。

積丹に残る「義経北行伝説」ですが、チャレンカの話と、シララの話がパクリと思えるほど瓜二つなのにはワケがあります。
それは、江戸時代につくられた後世の創作だから。

北海道の各地にこの義経伝説が残されていますが、積丹もそのひとつです。

積丹出岬灯台

 

積丹岬自然遊歩道(シララの小道) DATA

名称 積丹岬自然遊歩道(シララの小道)/しゃこたんみさきしぜんゆうほどう(しららのこみち)
所在地 北海道積丹郡積丹町入舸町
関連HP http://www.kanko-shakotan.jp/
電車・バスで JR余市駅前から北海道中央バス入舸経由神威岬行きで1時間17分、入舸会館前下車、徒歩15分
ドライブで 札樽自動車道小樽ICから国道5号を余市方面に23km、余市で国道229号に入り30km、道道913号野塚婦美線を右折8km
駐車場 100台/無料
問い合わせ 積丹町観光協会TEL:0135-44-3715/FAX:0135-44-3716

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!