樽前山

標高1041mの樽前山(たるまえさん)は、支笏(しこつ)カルデラを囲む山々のうち、比較的手軽に登れる活火山で、山頂には不思議な溶岩ドーム(溶岩円頂丘)がそびえ立っています。支笏湖畔のモラップから標高660mの7合目までは車道が通じ、6月〜10月頃なら車で山上まで到達。7合目から山頂は、所要1時間ほどの頑張りです。

山頂は東山、西山の2つあるのでご注意を

7合目徒歩10分の見晴らし台から支笏湖眺望

紅葉シーズンも見事

まずは、樽前山7合目ヒュッテで入林届を出し、山頂を目指しましょう。
7合目付近は低木林帯とお花畑になっています。

また登山道から眼下にするカラマツの大樹海は日本一ともいっていい広がりを有しています。
ここから火山荒原のザレ道を50分ほど登れば、外輪山の一角に出ます。

7合目からひと頑張り(約10分)で、眼下に支笏湖と大樹海を眺める見晴らし台。
足に自信がない人は、ここまでハイキングを。

さらに10分ほど歩けば、森林限界点となります。
ここからは、火山砂礫の道となり、外輪山取付まで30分ほど。
ここで、東山への道と、樽前神社奥宮~西山方面の道を分けますが、東山山頂へは徒歩15分。
溶岩ドームの眺めがいい西山山頂へは徒歩35分。

樽前山8合目から眺めた風不死岳

外輪山取付へとまっすぐに続く登山道

山頂に中央の溶岩ドームは立入禁止

樽前山山頂 空撮Photo Map

山頂部は、直径1.2km×1.5kmの外輪山によって囲まれ、中央に溶岩円頂丘(溶岩ドーム)がそびえるかたち。

この外輪山は、1739年(元文4年)8月18日〜30日の大規模なマグマ噴火で誕生したものです。
現在も活火山なので、火山活動に留意して入山のこと。

標高は最高点の樽前ドームで1041m、一等三角点(点名「樽前岳」)の東山で1021.9m、三等三角点(点名「樽前山」)の西山で993.8m、樽前山神社奥宮のピーク(外輪山南側)で921m。

ちなみに山の名はアイヌ語のタオロ・オマ・イ(taor-oma-i=川岸の高いところ・ある・もの)に由来し、樽前山を水源とする樽前川を示していると推測されています。
山自体はオフイヌプリ(燃える・山)と呼ばれていました。

外輪山西山山頂から眺めた溶岩ドーム

 

樽前山溶岩円頂丘

樽前山山頂にある溶岩ドームは、明治42年の噴火で誕生したもの。支笏湖の湖畔などからも確認できるので、登山しない場合でもぜひ見上げておきましょう。
樽前山熔岩円頂丘として、北海道指定文化財の天然記念物に指定されています。
溶岩ドーム周辺は、現在でも活発な火山活動をしているので、一般の登山者は立ち入ることができません。


樽前山 DATA

名称 樽前山/たるまえさん
所在地 北海道苫小牧市樽前
関連HP http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/
電車・バスで 支笏湖温泉からタクシーで20分で7合目
ドライブで 道央自動車道札千歳ICから国道36号を経て、道道16号(支笏湖スカイロード)で20km、国道276号を倶知安方面に4km、モラップで道道141号に左折3km、樽前山登山道に入りさらに3kmで7合目駐車場
駐車場 50台/無料
問い合わせ 苫小牧観光案内所TEL:0144-34-2000

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!