大船遺跡

大船遺跡

渡島半島の内浦湾沿い、函館市の南茅部地区にある縄文時代前期後半(紀元前3200年)から中期後半(紀元前2000年頃)の大規模な集落遺跡が大船遺跡。大船川左岸の河岸段丘上に築かれた縄文時代のムラで、100棟以上の竪穴住居のほか、南西には墓や貯蔵穴を含む100基以上の土坑墓群、20万点もの遺物が出土しています。

大型の竪穴住居が特徴的な縄文時代の集落跡

大船遺跡

竪穴住居の骨格を復元した「縄文のにわ」

大船遺跡の特長は、竪穴住居の規模が非常に大きく、かつ密集していること。
現在、100棟あまりの竪穴住居の跡が確認されていますが、地中にはさらに多くの(推定では1500棟以上)住居跡があると推測されています。

盛土遺構(もりどいこう)は、掘り起こした土、使われなくなった道具、動物や魚などの骨を自然に帰す行為(送り)を行なっていた場所です。

遺跡からは鮭やタラなどの魚だけでなく、ウニ、カキ、さらにはオットセイやクジラの骨なども発見され、豊かな縄文人の食生活をうかがい知ることができます。

植樹活動により当時の環境を再現している「縄文の森」、竪穴住居や盛土遺構を復元する「縄文のにわ」、南茅部地域の縄文遺跡に関するパネルを展示した「管理棟」(トイレ、休憩施設)があります。

世界文化遺産の登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成要素のひとつ。
近くにはやはり構成資産になっている垣ノ島遺跡(国内最大級の盛土遺構)もあるので、時間が許せばあわせて見学を。

発掘した土器などの一部は、垣ノ島遺跡近くの函館市縄文文化交流センター(北海道で唯一の国宝「中空土偶」を常設展示)で展示されています。

大船遺跡

木の実や肉をすりつぶした石皿はたくさん出土

大船遺跡

出土した縄文土器

 

大船遺跡 DATA

名称 大船遺跡/おおふねいせき
所在地 北海道函館市大船町
関連HP 函館市公式ホームページ
ドライブで 函館空港から約33km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 函館市縄文文化交流センター TEL:0138-25-2030/FAX:0138-25-2033
函館市生涯学習部文化財課 TEL:0138-21-3472/FAX:0138-27-7217
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

人気記事

大船遺跡

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!