四島のかけはし

納沙布岬の望郷の岬公園に配されたシンボル的なモニュメント。四島とはロシアが実効支配する北方四島のことで、国後島(くなしりとう)、択捉島(えとろふとう)、色丹島(しこたんとう)、歯舞群島(はぼまいぐんとう)。世界平和と「北方領土」返還を祈念して昭和55年に建設。像の下には「祈りの火」と呼ばれる点火灯台が置かれています。

アーチ下には「祈りの火」も灯る

「ソ連に法的根拠なく占拠され、ソ連が崩壊して、ロシアとなった現在もその状態が続いています」(独立行政法人 北方領土問題対策協会)というのが日本政府の基本的な姿勢。

命からがら逃げてきた旧島民の話しをうかがうと、すでに戦争が終わっているのにもかかわらず、銃口を向けられ、着の身着のまま根室へと脱出した理不尽な事実がよくわかります。

四島のかけはしに灯された「祈りの火」は、「北方領土返還運動の火を絶やすな」を合言葉に、返還実現のその日まで、北方領土に向かって灯し続けられているのです。

とはいえ、早朝に行けば、火は灯されていません。
火災防止もあって、隣接する「北方館 望郷の家」の開館時間(夏季は9:00〜17:00)に合わせて燃えているのです。
 

四島のかけはし DATA

名称 四島のかけはし/しまのかけはし
所在地 北海道根室市納沙布
関連HP http://www.nemuro-kankou.com/
ドライブで 根室中標津空港から約104km
駐車場 70台/無料
問い合わせ 根室市観光協会TEL:0153-24-3104

 

納沙布岬

2017.05.19

北方館・望郷の家

2017.05.19

望郷の塔(オーロラタワー)

2017.05.19

請望苑

2017.05.19

納沙布岬灯台

2017.05.06

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!