いしかり砂丘の風資料館

石狩湾に沿って小樽市銭函(ぜにばこ)から石狩市厚田区聚富(しゅっぷ)の知津狩(しらつかり)あたりまで続く石狩砂丘。温暖な縄文時代には石狩湾はさらに内陸まで入り込み(縄文海進)、紅葉山砂丘という砂丘の痕跡が残されており、縄文時代の遺跡が発掘されています。資料館ではそんな石狩砂丘周辺の歴史と文化を解説しています。

石狩砂丘、紅葉山砂丘の歴史と文化を詳細に解説

1階は、石狩川河口周辺の地域誌ということで、「海・川・河口の自然と歴史」を解説。海、川、河口の3つのテーマに分け、800万年前の石狩の海、5000年前の海岸線、石狩川渡船場、日本初の缶詰工場、チョウザメの剥製などを展示解説しています。
2階は「石狩紅葉山49号遺跡」(石狩市花川)を詳細に解説。石狩紅葉山49号遺跡は、約5000年前の海岸砂丘である紅葉山砂丘の内陸側にある遺跡。5000年前(縄文時代)から300年前(アイヌ時代)にかけての人々の営みの跡が発掘されています。「いしかり砂丘の風資料館」では、4000年前のサケ漁の漁具を中心に、縄文時代のサケ漁と木の文化について紹介しています。
石狩紅葉山49号遺跡の縄文時代中期(約4000年前)の川の跡から、日本最古の鮭を捕獲するための施設が発見されています。周辺からは銛(もり)を含む木製品も発見されており、縄文人の漁労生活の方法が「いしかり砂丘の風資料館」で知ることができるのです。

縄文時代は、現在より2m〜3mほど水位が高かったと推測されており、内陸部には紅葉山砂丘の痕跡が残されています。

建物に隣接して「石狩市指定文化財旧長野商店」が移築保存されており、いしかり砂丘の風資料館の入館券で、旧長野商店の内部が見学可能です。

日本最古の鮭捕獲施設
縄文時代の川の跡からは、幅20mにわたり20cm〜50cm間隔で打ち込まれた杭(くい)の列と、これに付属する「ドウ」とみられる仕掛けが発見されています。「ドウ」は、杭を周囲に打ち込み、その中に太さ2cmほどの枝を使った仕掛けを置いて鮭を捕獲していました。
 

いしかり砂丘の風資料館 DATA

名称 いしかり砂丘の風資料館/いしかりさきゅうのかぜしりょうかん
所在地 北海道石狩市弁天町30-4
時間 9:30〜17:00
休業日 火曜(祝日の場合は翌日)、年末年始休
料金 大人300円、中学生以下無料
電車・バスで 地下鉄東西線・東豊線大通駅から徒歩5分の中央バス札幌ターミナルから北海道中央バス石狩行きで30分、石狩温泉前下車、徒歩2分
ドライブで 札樽自動車道札幌北ICから18.7km(32分)
駐車場 50台/無料
問い合わせ TEL:0133-62-3711/FAX:0133-62-3711
公式HP http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/museum/

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!