道の駅おびら鰊番屋(小平町観光交流センター)

国道232号沿い重要文化財に指定される旧花田家番屋(鰊御殿)と併設の「小平町観光交流センター」の一帯が道の駅として整備されています。「小平町観光交流センター」自体も鰊御殿の雰囲気に合わせた漁場風建築。特産物販売コーナーとニシン丼、イクラ丼、海鮮丼などが人気の「レストラン鰊番屋」などがあります。

小平町観光交流センターがメイン施設

 

歴史文化保存展示ホール

 
歴史文化保存展示ホールには、ニシン漁の漁具や当時の生活用品などを展示しています。
休憩コーナーは、ニシン番屋の親方の間を模した和室。

物産コーナーでは、鬼鹿名物の「べこ餅」(明治時代創業の老舗、真島商店)も販売されています。

国道を隔てた海側には「にしん文化歴史公園」があり、松浦武四郎の像が立っていて、記念撮影にも絶好です。

道の駅おびら鰊番屋(小平町観光交流センター) DATA

名称 道の駅おびら鰊番屋(小平町観光交流センター)/みちのえきおびらにしんばんや(おびらちょうかんこうこうりゅうせんたー)
所在地 北海道留萌郡小平町鬼鹿広富
関連HP http://www.town.obira.hokkaido.jp/
電車・バスで JR留萌駅から沿岸バス羽幌方面行きで25分、花田番屋下車
ドライブで 深川留萌自動車道深川西ICから国道233号を46km走った元川町2交差点交差点を右折、国道232号を27km
駐車場 67台/無料
問い合わせ TEL:0164-57-1411/FAX:0164-57-1564

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!