アカシア公園

苫小牧駅近くの王子通に面した都市公園。公園の一角に、王子軽便鉄道(通称山線)の4号機関車が保存されています。明治43年、苫小牧に製紙工場を操業するにあたり、王子製紙は千歳川に第一発電所を建設。保存された機関車は昭和10年、小樽の橋本鉄工所(戦前の森林鉄道用蒸気機関車メーカー)で製造されたものです。

王子軽便鉄道(山線)の機関車と貴賓車を保存

明治41年、王子製紙は苫小牧に建設する工場の資材確保と、電力確保のために苫小牧から支笏湖畔〜上千歳に、王子軽便鉄道を敷設しました。

王子製紙は当初山線に米国製のSL2両を投入。
後に橋本鉄工製のSL6両を導入しています。

苫小牧から千歳の発電所まで1時間40分ほどで結んでいました。

機関車に連結された貴賓車は、大正11年、皇太子(後の昭和天皇)が摂政宮として発電所を視察する際に客車を貴賓車に改造したもの。
座席をビロード張り、床をじゅうたん敷きにしていますが、残念ながら内部の見学は不可。

王子製紙の工場は、当初は千歳という案もありましたが、現地調査の結果、苫小牧に決定。
太平洋に面した苫小牧には明治25年に北海道炭礦鉄道が開業し、明治39年には国有化されていました。

千歳に鉄道が通じるのは大正15年のことだったのです。
 

アカシア公園 DATA

名称 アカシア公園/あかしあこうえん
所在地 北海道苫小牧市王子町1-6
関連HP http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/
電車・バスで JR苫小牧駅から徒歩5分
ドライブで 道央自動車道苫小牧西ICから約11.7km(19分)。または、苫小牧東ICから約14.9km(27分)
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 苫小牧観光案内所TEL:0144-34-2000

山線鉄橋

2017.05.27

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!