千歳市防災学習交流施設「防災の森」

千歳市街北側にある緑地ですが、その名の通り、サバイバル生活を体験できるゾーンになっています。キャンプ場は、野営生活訓練広場が正式名称。サバイバル広場、土のう訓練広場、河川災害訓練広場、炊事棟、管理棟などもありますが、観光的にはキャンプ場として利用が可能で、サバイバル広場にはアスレチック施設が備わっています。

キャンプ場としても利用可能

管理人が常駐する管理棟にはトイレ、飲料水自動販売機を設置。
近くには「防災学習交流センターそなえーる」もあり、様々な地震を体験できるほか、避難器具体験コーナーでは、高層建物からの避難に用いる緩降機や救助袋、避難梯子の体験が可能です。
 

千歳市防災学習交流施設「防災の森」 DATA

名称 千歳市防災学習交流施設「防災の森」/ちとせしぼうさいがくしゅうこうりゅうしせつぼうさいのもり
所在地 北海道千歳市北信濃583-1
関連HP http://www.welcome-to-chitose.jp/
ドライブで 道央自動車道千歳ICから約7.3km(15分)
駐車場 50台/無料
問い合わせ 防災学習交流施設防災の森管理棟TEL:0123-26-9993

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!