北緯45度国際広場

道北を走ると、北緯45度を通過することを記念したモニュメントや表示を見ることがありますが、オホーツク海側の碑がここ。枝幸町問牧地区でバイパスとなった国道128号を離れ旧道を問牧小学校方向に走った海側に位置するのが「北緯45度国際広場」。北半球のちょうど半分ということで、45度線突破がひとつのチェックポイントに。

北緯45度通過を記念する園地

スエーデン中部に位置するソレフテオ市と平成8年に姉妹都市提携を結び、交流を続けたことから国際という名称がついていますが、実際は芝の園地とトイレがあるのみとなっています。

注目は、広場にある電子基準点。
国土地理院が約20km間隔で全国各地に1300ヶ所ほど設置したポイントで、衛星からの電波を受けて地殻変動などを確認しています。
 

北緯45度国際広場 DATA

名称 北緯45度国際広場/ほくいよんじゅうごどこくさいひろば
所在地 北海道枝幸郡枝幸町問牧865-1ほか
関連HP 枝幸町観光協会
ドライブで 稚内空港から約90km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 枝幸町観光協会TEL:0163-62-1205

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!