九人の乙女の碑

稚内公園の樺太(サハリン)を眺める景勝の地に立つ慰霊碑。終戦直後の昭和20年8月20日、ソ連軍は樺太真岡郡真岡町に侵攻。真岡郵便電信局で、本州との電話連絡のため残留していた電話交換手(女性)12人のうちの、高石班長ら9人が青酸カリなどで自決するという悲劇が起きました。

終戦後、樺太で起こった電話交換手の悲劇を慰霊

九人の乙女の碑

「交換台にも弾丸が飛んできた。もうどうにもなりません。局長さん、みなさん・・・、さようなら。長くお世話になりました。おたっしゃで・・・。さようなら」(『九人の乙女の物語』)という最後の連絡を残して樺太に散った9人の乙女を慰霊しています。

昭和20年8月14日に日本はポツダム宣言受諾を決め、8月15日には天皇陛下の肉声で終戦の玉音放送を流していますが、樺太では8月20日になって突然、ソ連軍が日ソ不可侵条約を破って侵攻。
戦火での犠牲者も出ています。

九人の乙女の碑に刻まれたレリーフは、横にある「氷雪の門」と同様に札幌出身の彫刻家・本郷新(ほんごうしん)の作品。
レリーフの横には、「皆さんこれが最後です さようなら さようなら」と最後の言葉が刻まれています。

真岡郵便電信局と北海道の間は、昭和9年に敷設された海底ケーブルで結ばれていました。
そのケーブルの中継所は猿払村浜猿払(猿払電話中継所)にあり、真岡郵便局で自決をした9人の乙女たちの最後のメッセージは、猿払電話中継所で受信しました。

猿払電話中継所跡には「樺太との電気通信ゆかりの地」碑が立っています。
 

九人の乙女の碑 DATA

名称 九人の乙女の碑/くにんのおとめのひ
所在地 北海道稚内市稚内公園
関連HP http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/
ドライブで 稚内空港から約14km
駐車場 50台(氷雪の門駐車場)/無料
問い合わせ 稚内市観光交流課TEL:0162-23-6161

氷雪の門

2017.05.31

猿払電話中継所跡

2017.05.05

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!