開基百年記念塔・北方記念館

稚内市街の背後に聳える標高172.9mの丘の頂き近くに建つ展望塔が開基百年記念塔。地上70m(海抜240m)の位置にガラス張りの展望室があり、サロベツ原野、宗谷海峡、利尻・礼文、樺太(サハリン)の島影を眺めることができます。基部は充実の展示で知られる北方記念館になっていているほか、夏季は夜間も開館し夜景も眺望できます。

展望室からは大パノラマが

稚内の市街地を眼下に

北方記念館では、樺太探検の間宮林蔵に関する資料、オンコロマナイ2遺跡から出土した土器・石器などの発掘資料、天領時代の刀剣類、北緯50度日露境界標石、「九人の乙女」の資料などが展示されています。

間宮林蔵は、1808(文化5)年4月13日、宗谷岬近くから樺太に向け旅立っています。
樺太は、明治39年・40年に日露が共同して国境画定作業が行なわれ、北緯50度に樺太日露国境標石が立てられました。
北方記念館では、間宮林蔵探検以降の南樺太の歴史を解説し、樺太と本土を結んだ連絡船の鐘、「九人の乙女の悲劇」にちなんで昭和20年当時の電話交換機などを展示しています。

宗谷村役場が設置されたのは明治12年。これを稚内市の開基として昭和53年に開基100年、市制施行30周年を記念して稚内公園の最上部に開館した施設です。

オンコロマナイ遺跡の出土品を展示

間宮林蔵の足跡を詳しく紹介

 

開基百年記念塔・北方記念館 DATA

名称 開基百年記念塔・北方記念館/かいきひゃくねんきねんとうほっぽうきねんかん
所在地 北海道稚内市稚内公園
関連HP http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kanko/
ドライブで 稚内空港から約14km
駐車場 100台/無料
問い合わせ 稚内市観光交流課TEL:0162-23-6161

九人の乙女の碑

2017.05.31

氷雪の門

2017.05.31

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!