瞰望岩(がんぼう岩)

遠軽市街を見下ろす標高160.8mの岩山で、北海道自然百選にも選定される遠軽町(えんがるちょう)のシンボル。アイヌ語でインカル・シ(inkar-us-i/いつも・眺める・ところ)というように見晴はバツグン。730万年前に噴出した安山岩質火山角礫岩が浸食風化した大岩壁で、岩の上に立つことができます。

遠軽の地名の由来となった岩峰

瞰望岩(がんぼう岩)の岩上から遠軽市街を眼下に

湧別アイヌと十勝アイヌの決戦の際には、湧別アイヌのチャシ(砦)も築かれた場所。湧別川を眼下にする要害の地だが、十勝アイヌの大軍は、湧別川の氾濫で大敗となったという伝承があります。
またアイヌのカムイノミなどの儀礼も行われた場所であったと伝えられています。

湧別川によって削られた火山角礫岩の残りということで、白滝ジオパークの「遠軽エリア」を構成するジオサイトになっています。

国指定名勝のピリカノカにも選定。
ピリカノカはアイヌ語でピリカ・ノカ(pirka-noka=美しい・形)を意味し、アイヌ民族の文化的背景と結び付く名所的、学術的価値の高い景勝地群の総称。

ちなみに遠軽という地名は、明治34年、学田地に郵便局設置の際に現地視察に訪れ、瞰望岩に登った札幌郵便局の上野良夫が、インガルシを漢字の遠軽に置き換え遠軽郵便局と命名したことに由来しています。

『機動戦士ガンダム』のアニメーター・安彦良和氏は遠軽町出身で、「ガンダム」の「ガン」は、瞰望岩から取ったという都市伝説も生まれています。

市街地から見上げると断崖絶壁の岩壁ですが、グルリと回った裏手山上には駐車場もあり、手軽に登頂ができます。
ただし頂上には柵もないドキドキ、ハラハラエリアなので、くれぐれも転落にご注意を。

瞰望岩(がんぼう岩) DATA

名称 瞰望岩(がんぼう岩)/がんぼういわ
所在地 北海道紋別郡遠軽町西町1丁目
関連HP http://engaru.jp/
電車・バスで JR石北本線遠軽駅から徒歩30分。またはタクシーで10分
ドライブで 女満別空港から約74km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 遠軽町商工観光課TEL:0158-42‐4819

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!