根室車石

花咲灯台下の断崖にある放射状摂理の構造をしたアルカリ粗粒玄武岩で、文字通り車輪のように球状の岩体で、車石と呼ばれています。その奇観と大きさは、世界でも類を見ないことから、国の天然記念物に指定。海底に堆積した泥などの中にドレライトマグマが流入し、急速に冷却されるプロセスで生成される枕状溶岩です。

花咲岬一帯は「車石園地」として整備されている

直径7.5mという巨大な車石

花咲岬先端部にも枕状溶岩が!

枕状溶岩とは、海底火山の噴火などで熱いドロドロの溶岩が海水中で急速に冷却されてできるもので、枕を横から見た形に似ていることから英語でもpillow(枕)lava(溶岩)という名称で呼ばれています。

この溶岩が冷えて固まったのは今から6000万年ほど前(恐竜が絶滅した頃)と推測され、根室では車輪に見立てて車石という名がついています。
車輪は小さいもので直径数十cm、最大で約6mのものも観察できます。

花咲岬一帯は「車石園地」として遊歩道や観察広場、展望広場、観察デッキなどが整備されています。

ちなみに、ジャズ・トランペット奏者・日野皓正(ひのてるまさ)の根室でのライブを収録した『Wheel Stone』(ホイールストーン)は、この車石のことをさしています。


 

根室車石 DATA

名称 根室車石/ねむろくるまいし
所在地 北海道根室市花咲港
公式HP http://www.nemuro-kankou.com/
ドライブで 根室中標津空港から約83.6km
駐車場 40台/無料
問い合わせ 根室市観光協会TEL:0153-24-3104

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!