納沙布岬灯台

明治7年に「灯台の父」といわれるR.H.ブラントン((Richard Henry Brunton)が建てた八角形の木造洋式灯台がルーツという、納沙布岬(根室市)に建つ灯台。北海道で最古の灯台で、北方領土を除いて日本最東端の灯台です。現在の灯台は昭和5年に建てられたもので、「日本の灯台50選」にも選定。

現在の灯台は昭和5年築のコンクリート製

珸瑤瑁水道に臨む納沙布岬

初代の木造灯台

納沙布岬と水晶島の間にある珸瑶瑁(ごようまい)水道は海の難所のため、さらには千島列島の開発促進を図る目的もあって明治の初め、北海道で真っ先に建築された灯台です。

現在の灯台は、昭和5年に改築されたコンクリート造り。
意外に背の低い灯台で、地上から塔頂までは13.5m、平均海面から灯火部分までは23.2mしかありません。
霧が多い場所ですが、高さが低いためか赤白ではなく、白亜の灯台となっています。
光達距離は、14.5海里(約27km)です。

霧笛を発する霧信号所は明治11年に開設された歴史ある施設ですが、船舶レーダーやGPSの普及により、平成22年3月にその役割を終えています。

見学できる参観灯台ではありませんが、例年、海の日、あるいは11月1日(灯台記念日)前後の土曜か日曜に一般公開されています。
納沙布岬に建つ「請望苑」社長の話では、灯台下の岩礁にはラッコを目にすることもあるのだとか。

ちなみに納沙布(ノサップ)という地名は、稚内の野寒布(ノシャップ)と同様に、アイヌ語のノッ・サム(not-sam=岬の・かたわら)に由来します(上原熊次郎著『蝦夷地名考并里程記』/アイヌ語のノッシャム=則崎の際の意)。
岬そのものを指す地名ではなく、岬の横にあったコタン(集落)のことを意味しているようです。

根室市には「日本の灯台50選」選定の灯台が3ヶ所(納沙布岬灯台・花咲灯台・落石岬灯台)あって、日本一の「灯台の町」にもなっています。
 

納沙布岬灯台 DATA

名称 納沙布岬灯台/のさっぷみさきとうだい
所在地 北海道根室市納沙布
公式HP http://www.nemuro-kankou.com/
ドライブで 根室中標津空港から約105km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 根室市観光協会TEL:0153-24-3104

 

納沙布岬

2017.05.19

北方館・望郷の家

2017.05.19

望郷の塔(オーロラタワー)

2017.05.19

四島のかけはし

2017.05.19

請望苑

2017.05.19

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!