望郷の塔(オーロラタワー)

昭和62年に納沙布岬先端の台地に建てられた高さ96mの展望塔。エレベーターで上がる展望室から納沙布岬全体はもちろん、国後島、歯舞諸島などを眺望します。ちなみに納沙布岬から北方領土の貝殻島までは3.7kmしかありません。北海道で一番早い日の出を見る地として初日の出は有名です。

展望室から根室半島、歯舞諸島を一望に

笹川良一が北方領土返還運動の象徴として建設した塔で、当初の名前は「笹川記念平和の塔」。
現在は、北方領土の返還運動を展開するNPO法人千島の砦の運営。

日ロ間の中間ラインは納沙布岬の1850m沖合にあり、その先の水晶島には、ロシアが建設した施設も視認できます。
 

望郷の塔(オーロラタワー) DATA

名称 望郷の塔(オーロラタワー)/ぼうきょうのとうおーろらたわー
所在地 北海道根室市納沙布89
関連HP http://www.tower-of-nostalgia.com/
ドライブで 根室中標津空港から約104km
駐車場 100台/無料
問い合わせ TEL:0153-28-4004/FAX:0153-28-2727

 

納沙布岬

2017.05.19

北方館・望郷の家

2017.05.19

四島のかけはし

2017.05.19

請望苑

2017.05.19

納沙布岬灯台

2017.05.06

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!