宗谷岬

北緯45度31分14秒、日本最北端の岬で、突端には日本最北端の地碑が立っています。晴れた日には、宗谷海峡を挟んで約43km離れている樺太(サハリン)南端のクリリオン岬もはっきりと視認できます。地碑近くには1808(文化5)年、サハリンに向かった探検家、間宮林蔵の像、ご当地ソングの『宗谷岬』歌碑も立っています。

北方領土を除く日本の最北端

最北端の地碑は記念撮影に大人気

間宮林蔵の像。像の左手には弁天島の島影が

地元では大岬(おおみさき)と通称されていたため、稚内では大岬と呼ばれることも。
宗谷岬はアイヌ語ではノッ・エトゥ(not・etu=岬・岬)、つまりは岬の突端といわれていました。

宗谷は、アイヌ語のソー・ヤ(so-ya=岩礁の・岸)に由来。
沖合の弁天島をソー・ヤ・シュマ(so-ya-suma=岩礁の・岸・岩)と呼んでいました。

地元の人の話では、「以前は自殺志願者がよくやってきて、入水自殺を試みましたが、岩礁が沖まで続き、(夏でも寒流のため)あまりの寒さにブルブル震えて交番に駆け込む人が続出した」なんてこともあったとか。
まさに一帯は「ソー・ヤ」だったのです。

突端に立つ最北端の地碑は、北極星の一稜をモチーフにした三角錐で、中央には北を示す「N」、台座の円形は「平和と協調」を表しているのだか。
岬には、「流氷とけて♬」で知られる『宗谷岬』(作詞:吉田弘、作曲:船村徹)の歌碑も立っています。

国道238号を挟んだ背後の高台には、宗谷岬灯台、宗谷岬展望台、旧海軍望楼などがあります。
また宗谷岬灯台から南に広がるなだらかな丘は、周氷河地形の大規模な宗谷丘陵肉牛大牧場です。

周氷河地形の宗谷丘陵は、北海道遺産になっていますが、宗谷岬から猿払(さるふつ)方面へ北オホーツクを南下するプランなら、宗谷岬途端の信号から山側に上がる道を入り(山上に紅白の宗谷岬灯台が見えます)、宗谷丘陵肉牛大牧場を抜けて、道道889号(上猿払清浜線)に入るのがおすすめです。

ホントの最北端は、眼前の弁天島
日本政府が主張する日本の最北端は、北方領土・択捉島(えとろふとう)にあるカモイワッカ岬です。
しかし、択捉島はロシアが実効支配しているので、現在到達できる最北端は、宗谷岬ということに。
実は、その沖合に弁天島があって、そこがホントの最北ですが、現在では到達する手段がありません。
 

宗谷岬 DATA

名称 宗谷岬/そうやみさき
所在地 北海道稚内市宗谷村宗谷
関連HP http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/
電車・バスで JR稚内駅から宗谷バス大岬方面行きで50分、宗谷岬下車
ドライブで 稚内空港から国道238号を浜頓別方面に20km
駐車場 100台/無料
問い合わせ 稚内市観光交流課TEL:0162-23-6161

旧海軍望楼

2017.05.04

宗谷岬灯台

2017.05.04

日本最北端は宗谷岬ではなく、弁天島!

2016.06.09

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!