北海道立北方民族博物館

アイヌにとどまらす、カナダのイヌイット(エスキモー)から、スカンジナビアのサミまで、世界の北方民族の文化を紹介する博物館。寒帯、亜寒帯気候の地域に暮らす北方民族は、自然環境や歴史的な条件に応じて、独特の文化を築きました。とくに北海道にはオホーツク文化という独自の文化も発達。そんな北方民族を詳しく学べる博物館です。

北方民族の文化を紹介した見応えある博物館

「北方の生業」コーナーでは、海獣狩猟文化などを詳しく解説

常設展示では、多様な北方民族の衣装や楽器、生活用具が展示され、衣食住、生業、精神文化など、分野ごとのテーマに基づいた構成で、生活の様子がよくわかる仕組み。

とくに注目はオホーツク文化のコーナー。
アイヌ民族以前の道東には「海の狩人」ともいわれる海洋狩猟民族・オホーツク文化が繁栄していました(アイヌ民族は鎌倉時代以降)。

食糧の獲得、生業カレンダー、大型の住居、さらには土器や埋葬、そしてアイヌの熊送りの原型ともいわれる熊を「送る」儀式とオホーツク文化を詳しく解説。
その謎と消えた理由も解き明かしています。
マジックビジョンによる解説もわかりやすいのでお見逃しなく。

北方民族グッズなどを扱うミュージアムグッズも充実。
とくに紋様、衣服、デザインなどに関心のある人には書籍類にも注目です。

「精神世界」トーテム・ポール

「精神世界」北方の音と儀礼・芸能

 

北海道立北方民族博物館 DATA

名称 北海道立北方民族博物館/ほっかいどうりつほっぽうみんぞくはくぶつかん
所在地 北海道網走市潮見309-1
関連HP http://hoppohm.org/
電車・バスで JR網走駅前から網走バス天都山行きで15分、終点下車
ドライブで 女満別空港から国道39号を10kmの呼人から道道683号を4km
駐車場 100台/無料
問い合わせ TEL:0152-45-3888/FAX:0152-45-3889

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!