トラピスト修道院

正式名称は「厳律シトー会灯台の聖母トラピスト大修道院」で、北斗市三ツ石の高台に建つ厳律シトー会(トラピスト会)の修道院。明治29年にフランス人修道士ジェラル・プーリエらが仮修道院を建てたのが始まりで、日本最初の修道院として知られています。

有名な「トラピストバター」、「トラピストクッキー」も販売

修道院内の見学は男性のみで往復はがきによる申し込みが必要。
柵越しから建物の見学や柵外にある「資料展示室」などが自由に見学できるので、ドライブ途中の立ち寄りも可能。

「資料展示室」には写真パネルなどが展示され修道士たちの暮らしぶりを伝えているほか、駐車場横の製酪工場売店で「トラピストバター」、「トラピストバター飴」など乳製品や「トラピストクッキー」、グズベリーなどの「トラピスト手作りジャム」を販売。

資料展示室

製酪工場売店

トラピスト修道院 DATA

名称 トラピスト修道院/とらぴすとしゅうどういん
所在地 北海道北斗市三ツ石392
公式HP http://www.trappist.or.jp/
電車・バスで JR渡島当別駅から徒歩20分
ドライブで 函館空港から道道63号・国道278号を函館方面に2.2km走った湯の川温泉を右折、県道100号(産業道路)を11km走った先を右折、国道228号を18km走った先を右折1.5km
駐車場 30台/無料
問い合わせ TEL:0138-75-2139

天使の聖母トラピスチヌ修道院

2018.05.19

人気記事

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!