函館山ロープウェイ

標高334m、津軽海峡に突き出し、函館市街を見下ろす位置にあるのが、函館山。函館山からの夜景は、ナポリ、香港と並ぶ「世界三大夜景」にも数えられています。この夜景を楽しむのに便利なのが、山麓と山頂(高低差278.5m、最大勾配28度58分)を秒速7秒、約3分で結ぶ、函館山ロープウェイです。

山麓から眺めた山頂駅

山麓から眺めた山頂駅

山頂駅から眺めた山麓

山頂駅から眺めた山麓

日没1時間前には乗車するのがコツ!

函館山ロープウェイのゴンドラも現在は5代目で125人乗りの大型ゴンドラが運転されています。車椅子でもそのまま乗車できるバリアフリータイプ。山頂駅は展望台と一体になっており、展望台には、レストランとティーラウンジも完備。
ロープウェイは、函館山の東斜面に架かっています。つまりは午後から日没が光線状態が最高に。時間が許すなら、日没の30分〜1時間前(多客期には早めに特等席を確保)に展望台で待ち構え、日没、そして残照(トワイライト)、夜景&漁火と刻々と変化するダイナミックなパノラマを楽しみましょう。

山頂駅2階が「レストラン ジェノバ」で、12席ある窓側席の内、1日限定3席のみロープウェイ付きコース料理で予約が可能! (ただしゴールデンウィーク、夏休みなど繁忙期は予約不可)。ちょっと奮発する必要がありますが、ツアー客で、展望台が満員の時にも一等席でのんびりとディナーを楽しむことができます。
席の予約はできませんが、ロープウェイの乗車券とランチがセットになったプランも狙い目です。

また、ゴンドラ自体も夜景を観賞する絶景スポットになっているので乗車の際はなるべく市街地側に陣取るように心がけましょう。

山頂駅の一等地「レストラン ジェノバ」

山頂駅の一等地「レストラン ジェノバ」

ロープウェイ以外の函館山夜景鑑賞の方法

(1)マイカー利用
函館山の登山道路は、4月下旬〜11月中旬、夕方から夜にかけての「夜景ベストタイム」にはマイカー規制を実施。一般車は、函館山ロープウェイ駐車場に車を停めてロープウェイで上がるか、規制解除の時間以降に上ることになります。というわけで、マイカー・レンタカーで観光道路を登るのは、夜中に限られることに。夜景というより日の出を仰ぐ場合に有効でしょう。


(2)登山バス・タクシーを利用

JR函館駅を起点とする函館山登山バス、またはタクシーの利用という手もありますが、ドラマチックさでは、圧倒的に函館山ロープウェイに軍配が上がります。

(3)登山道で、登山する
登りに限れば、旧登山道を登るという手もあります。護国神社近くの登山口から山頂までは1時間ほどの行程。往路を旧登山道を使い、下山にロープウェイというのもおすすめです。

山頂駅の上が展望台

山頂駅の上が展望台

展望台で日没を待つ

展望台で日没を待つ

ロープウェイなら冬の夜景鑑賞も手軽

ロープウェイなら冬の夜景鑑賞も手軽

函館山ロープウェイ DATA

名称 函館山ロープウェイ/はこだてやまろーぷうぇい
所在地 北海道函館市元町19-7
電車・バスで JR函館駅から市電どっく前行き、谷地頭行きで5分、十字街下車、徒歩10分
ドライブで 函館空港から道道63号を経て、国道278号を函館方面に8km、函館駅前で左折、国道279号を1km、南部坂へ左折500mで市営函館山山麓駐車場
駐車場 85台(ロープウェイ駐車場)/無料
問い合わせ TEL:0138-23-6288
公式HP http://334.co.jp/

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!