サケのふるさと 千歳水族館

道の駅サーモンパーク千歳の中心施設で、淡水では日本最大級の水槽を有する水族館。淡水魚水族館を中心に、川やサケに関する資料を展示。千歳川の断面を観察できる「水中観察ゾーン」があり、8月下旬~11月頃なら、サケの遡上が見られることも。また隣接の千歳川には、サケの孵化事業に用いる親魚を捕獲する「インディアン水車」もあります。

千歳川の流れを真横から眺める!

巨大水槽に泳ぐ成魚

未成魚と稚魚

3つの大型水槽でサケの仲間が稚魚から幼魚、そして成魚へと成長する姿を観察できる「サーモンゾーン」、直径7.2mの水槽に支笏湖の美しい水中景観を再現した「支笏湖ゾーン」で、まずは支笏湖、千歳川に泳ぐサケ、マスなどの魚をマスター。

続いてチョウザメの赤ちゃんやウグイの仲間たちが泳ぐ、全周透明アクリルのタッチプールや、ドクターフィッシュの体験、アメリカザリガニの釣堀のある「体験ゾーン」へ。

さらに地下に降りれば自慢の「水中観察ゾーン」。
縦1m×横2mの7つの窓が水中に設置され、千歳川の水中の様子が観察できます。

隣接する「インディアン水車」は、アメリカの「フィッシュ・ウィル」(捕魚車)がルーツで、明治29年に設置されたもの。
サケが産卵のために遡上する8月20日頃~11月末頃までが稼働期間です。

水中観察ゾーン

千歳川を遡上するサケ

サケのふるさと 千歳水族館 DATA

名称 サケのふるさと 千歳水族館/さけのふるさと ちとせすいぞくかん
所在地 北海道千歳市花園2-312
関連HP http://chitose-aq.jp/
電車・バスで JR千歳駅から徒歩13分
ドライブで 道央自動車道千歳ICから約5km(10分)
駐車場 200台/無料
問い合わせ TEL:0123-42-3001/FAX:0123-42-2310

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!