豊平館

札幌の中島公園に建つ瀟洒な洋館で、国の重要文化財。明治13年に開拓使が洋風ホテルとして建てたもので、創建時には、大通西1丁目(現在の札幌市民ホール)にありましたが、昭和33年、現在地に移築されています。貸室利用も可能で、札幌市民の結婚式などに利用されていますが、内部の見学も可能です。

開拓使が明治初頭に建てた高級洋式ホテル

豊平館の設計は、札幌農学校演武場(時計台)も設計した開拓使首席建築家の安達喜幸(あだちよしゆき)。
欧米の「スタイルブック」(様式図集)などを基に独学で洋風建築技術を学び、洋風のホテルを設計しています。

工事を担当したのは武蔵国久良岐郡大岡村(現神奈川県横浜市南区大岡)出身で、五稜郭建築の大工頭にもなった大岡助右衛門(おおおかすけえもん=札幌開創功労者のひとり)。

建物の外部に誇らしげに付いている赤い★印は、明治初期に北海道の開拓を担当した開拓使のマークだったのです。
経済産業省の近代化産業遺産に認定。

明治14年、札幌行幸の明治天皇は、8月30日〜9月2日までの4日間、豊平館を行在所に使っています。
これが、豊平館が使われた最初で、以降も明治時代には高級ホテルとして使われていました。

天井などには日本的な漆喰芸術も

シャンデリアや、シャンデリア上部の天井にあるシャンデリアの釣元の漆喰メダイオン(中心飾り)などは、創建時のスタイルに復元されていて実に見事です。
「伊豆の長八」こと入江長八の流れを組む左官職人の手による漆喰芸術の装飾(鏝絵=こてえ)もあるので注目を。

日没〜21:00まで休館日を除きライトアップも実施。

広間は舞踏会の会場のような雰囲気で市民の結婚式場として利用されています。

豊平館 DATA

名称 豊平館/ほうへいかん
所在地 北海道札幌市中央区中島公園1-20
公式HP http://www.s-hoheikan.jp/
電車・バスで 地下鉄南北線中島公園駅から徒歩3分
ドライブで 道央自動車道札幌南ICから約11km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ TEL:011-211-1951/FAX:011-211-1952

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!